このところの金融機関の住宅ローン獲得に対する意気込みはスゴイですね。なかでも今月初めに新聞発表したメガバンクの3年固定型の金利を0.6%にするという記事には驚かされました。(同時期に同期間同金利は少し変ですが…)

  これはアベノミクス効果が3年の期間を要するということでしょうか?それとも単なる客寄せパンダ的な意味合いなのでしょうか…4年目以降に金利が上がっても借り換えを考え実行する人の割合はあまり多くないのでは???なんてね!

  そこで下記のような比較をしてみました。現在、固定型でいちばん人気、10年固定型の金利は1.45%から1.6%程度でしょうか…

☆ローン金額3000万円、返済期間30年で当初10年間の支払利息を比較した場合
                     何れも当初3年間は0.6%
                           ↓
*10年固定金利型1.45%場合 ≓ 4年目以降10年目までの金利は1.89%
*10年固定金利型1.50%場合 ≓ 4年目以降10年目までの金利は1.96%
*10年固定金利型1.55%場合 ≓ 4年目以降10年目までの金利は2.04%
*10年固定金利型1.60%場合 ≓ 4年目以降10年目までの金利は2.11%
(この試算には借り換えた場合の費用等は含まれておりません。)

  以上により、4年目の7年以上(実質的には10年固定)の固定型住宅ローン金利が2%前後で推移していれば、ある程度メリットはあるということですね。

  ちなみに10年固定型の毎月返済金額は102,818円(1.45%)~104,982円(1.6%)で3年固定型の毎月返済額91,079円とは1万円以上の差があります…これは魅力ですね!

  何れにしても、新規、借り換えを問わず、住宅ローンの金利選択は難しいですね。とにかく目先の金利に囚われすぎないでライフイベントを踏まえ、選択したいものですね。