ふつうの生命保険や損害保険とは別に、「少額短期保険」という枠組みがあります。通称「ミニ保険」とも言われてまして、契約者にしてみれば、少ない保険料で気安く加入でき、ニッチなニーズに対応したユニークな保険です。

 例えば以下のようなものがあります。

JMM少額短期保険

 「婚礼参列者傷害保険」、「葬儀参列者傷害保険」

 結婚式や葬儀の主催者が、当日お越しくださる参列者が、事故などでケガをした場合などに備えて入る保険です。保険料は被保険者数(参列者数)×100円なので手軽。

 せっかく来ていただいた人が、事故で負傷したなんてことになると気の毒。

エクセルエイド少額短期保険

 「糖尿病・歯周病保険」

 これらの疾患にかかっている人でも入れる医療保険です。

ジャパン少額短期保険

 「自転車盗難保険」

ぜんち共済

 「あんしん保険」

 知的・発達障害やてんかんのある方向けの「医療」・「個人賠償責任補償」、「死亡保障」・「権利擁護費用補償(トラブル時の弁護士費用など)」がついています。

日本費用補償少額短期保険

 「レスキュー費用保険」

 山岳保険です。遭難の創作・救助費用に備える保険。

プリベント少額短期保険

 「弁護士費用保険」、「Mikata」

 トラブルが発生して、解決のために依頼した弁護士等への報酬や実費などの費用を補償する保険です。

ベル少額短期保険

 「葬儀保険」・・・「千の風」

 葬儀費用を軽減するための保険。つまりは、死亡保険ですね。

 以上です。

 少額短期保険の仕組みは、ふつうの生命保険や損害保険のように、保険会社が破綻したときに契約者を一定の範囲で保護するセーフティネットはありません。したがって、加入時に会社の事業内容や情報開示のスタンスなどをチェックするようにしたほうがいいですね。