「クレジットスコア」とは、簡単に言えば、クレジットカードの利用履歴などで点数がつく信用偏差値のことです。クレジットカード社会のアメリカでは昔から普及していて、日本でも最近はクレジットカードの利用が伸びていることから、いずれはこの指標が利用される日が来るかもしれないと言われています。

 この数値は信用力を表しますので、過去にクレジットカードを使用したときにきちんと返済したかどうかや、無理な利用をしていないかなど、様々な要因が関係してきます。

 アメリカにおいては、この数字が低いと就職や結婚にも影響するとまで言われ、当然ながら住宅ローンを組む際にもクレジットスコアが高い人は有利な条件で借りられ、逆に低い人は住宅ローンすら組めないほど重視されています。

 日本では金融機関が融資をする際に、過去のカードの利用履歴等を照会する個人信用情報が有名ですが、今後はこれを数値化した指標も利用されるかもしれません。

 ただし、普通にクレジットカードを利用していればクレジットスコアも平均数値になりますので、そこまで神経質になる必要はないかと思いますが、この言葉は覚えておいて損はないと思います。(執筆者:沼田 順)