銀行は、資金の必要な企業に対し資金を融資し、その元本と利息を受け取りますが、この企業に対する貸付債権を市場で投資家に転売します。バンクローンファンドは、銀行やその他の金融機関が企業に実施した融資(ローン)に投資する投資信託です。

 米国では、銀行ローンの取引が活発に行われており、既に、リート市場を上回っています。日本で販売されているバンクローンファンドも、米国の流通市場においてバンクローンに投資したり、バンクローンを証券化したものに投資しています。

 バンクローンファンドが投資対象とするバンクローンは、相対的に信用リスクの高い(投資適格ではない)企業へのローンであるため、相対的に高い利回りが期待できます。(銀行はリスクに見合った金利で融資するため)また、バンクローンの金利は変動金利ですので、金利上昇時には高い利回りも期待できます。

 信用リスクが高い企業へのローンですが、その企業が万一破綻しても、ローンは有担保で行われるため、無担保の社債権者や株主よりも企業から優先的に債務の支払いを受ける権利を有しています。

 したがって、一般債券よりも相対的に資金回収率は高くなっていますので、高い元本保全性があると言えます。一般の投資適格債券に投資する債券ファンドよりはリスクが高いものの、ハイイールド債券ファンドよりはリスクが軽減された投資対象であると言われています。

 投資対象とするバンクローンが主に米ドル建てであるため為替リスクがあります。そのため、バンクローンファンドには、為替ヘッジが行われているものと為替ヘッジのないファンドがあります。

 バンクローンは、大きなリスクは取りたくないけれど、現在の低金利では満足できない方のニーズに合った商品と言えそうです。