超低金利の住宅ローンは賃貸併用住宅でも大きなメリットになる

 1%を下回る借入金利時代に突入しました。これが、いま戸建住宅やマンションを取得する人が増加している理由「の1つ」です。「そして」、超低金利の住宅ローンは賃貸併用住宅でも大きなメリットがあります。

 0.9%で借り入れができるなど、とてつもない優遇金利です。3000万円を借り入れたとして、毎月の返済額は8.3万円。低金利の時代であるため、東京都下(多摩地区など)のファミリー向け新築マンションならば3,000万円で購入することが可能となっています。しかし、東京都下でもファミリー向けの部屋を8万円台で借りることはなかなか難しいのが現状です。

(1) 住宅ローンで取得した場合は、新築で毎月の返済が8万円程になります。
(2) 賃貸生活では、中古物件でも家賃は10万を超えます。

 借りている部屋に住むという選択よりも、マイホームを所有するという選択をする人が増えるのは当然のことです。

近年は住宅ローンを組みやすい状況に

・住信SBIネット銀行では、ローン保証料が無料で0.65%かつ団体信用保険が無料。
・イオン銀行では、ローン保証料が無料で0.77%。
・新生銀行では、ローン保証料が無料で0.98%かつ団体信用保険が無料。

【メガバンクの場合】
・三菱東京UFJ銀行では、0.775%+ローン保証料0.2%であり、0.975%。
・りそな銀行では、0.775%+ローン保証料0.2%であり、0.975%。
・三井住友銀行では、0.775%+ローン保証料0.2%であり、0.975%。
・みずほ銀行では、0.775%+ローン保証料0.2%であり、0.975%。
*注意:2014年3月時点での最も良い条件で表示されている金利を記載しており、諸条件により利率や融資の可否に差異があります。

 住宅ローンに力を入れている銀行では、ネットで公開している情報でも1%を切っています。住宅ローンの借り換え実績でトップの住信SBIネット銀行では、ローン保証料と団体信用保険が無料で0.65%となっており、この融資条件を取得できた人は恵まれています。過去には金利が3%台や、1990年代初期には住宅ローン金利が6%超えていたときもありました。

 また、一般的に銀行の信用度が高いメガバンクであっても1%前後の金利となっています。そう考えると近年は、住宅ローンを組みやすい状況になっています。

超低金利の魅力に隠れた落とし穴

 しかし、この超低金利という魅力が落とし穴となっているのです。超低金利であるために、将来設計を十分に計画せずにマイホームを買ってしまう人がたくさんいます。超低金利であっても、借入をした数千万円はあなたが支払わなくてはいけないのです。銀行は金利を優遇しているだけであり、マイホームをあなたの給与で支払うことには変わりありません。

 それに比べて、賃貸併用住宅では借り入れた金額も、銀行金利も家賃収入で支払うことが目的です。賃貸併用住宅であっても、この超低金利の住宅ローンを活用することができます

 ただし、賃貸併用住宅は戸建とは違い特殊な建物なので、よく勉強をして多くの融資と建築実績のある専門家やサポートチームのアドバイスを得ることをお勧めします。

 昨年私たちがサポートをして賃貸併用住宅を取得したオーナーさんが、驚くことに0.6%を切ったローン金利で融資を組めた事例もありました。こちらの方は、みずほ住宅ローンの期間限定固定2年専用当初期間重視プランというものでした。これはとても良い情報であり、賃貸併用住宅でもここまでできると知ってもらえればと思います。

もう1つのメリット

 もう1つ明確なメリットを付け加えます。それは、賃貸併用住宅の賃貸部分の銀行金利とアパートを取得した場合の銀行金利とでは大差があることです。上記の住宅ローンの1%の超低金利に対して、アパートローンの金利は、2.5-3%ほどです。2.5-3倍もの金利差があります。

 実際に建物が出来上がってしまうと、賃貸部分が安定して賃貸経営できるためには、競合となるアパートやマンションの賃貸物件に勝ち抜かなければなりません。

 同じような大きさの部屋を同価格で建築し、同じ家賃で貸し出した場合に、競合のアパートのオーナーよりも賃貸併用住宅のオーナーがより多くの利益を得ることができます。競合のオーナーアパートは、高い金利で借り入れているという負担を抱えているので、支出が多くなります。賃貸経営の収益性が勝るのです

 さらに加えますと2.5-3%でアパートローンを組むことができたオーナーは少数派でして、中古アパートのローンなどローン金利が3-5%で借り入れているケースも多く、住宅ローンで賃貸併用住宅を始めたオーナーさんは、近隣よりもとても良い条件で賃貸事業が開始できるのです。超低金利の住宅ローンにて賃貸併用住宅を取得する方法を検討することはとても有効なのです。(執筆者:大長 伸吉)

この記事を書いた人

大長 伸吉 大長 伸吉()»筆者の記事一覧 (37) http://nenkinooya.com/

ランガルハウス株式会社 代表
サラリーマン誰もが不動産賃貸物件を新築し、副収入と資産を得るチャンスがあることを自己の体験と現在のサポート事例により立証している。その実例に基づいたノウハウをセミナーと相談会にて解説し、相談者が満室経営をするまでをサポート。月収300万円を獲得したサラリーマンが月収300万を獲得した事例、年収500万のサラリーマンが年530万の副収入を獲得できた事例やローン返済期間30年を15年に短縮する方法など、独自のノウハウが好評。土地取得から満室経営までトータルサポートを行い、38人が44棟185室の新築物件を取得し、年金不安を払拭できている。セミナー参加者は累計1848人、相談会は2035回に達する。自身は4棟21室の物件を運営している。
<保有資格>:AFP、宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者
【寄稿者にメッセージを送る】

大長 伸吉の著書

  
今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう