結婚式の費用を「安くあげたな…」と思われずに節約するコツ

 結婚式は、いつ挙げるかによって費用が大幅に変わることを知っていますか? ブライダル業界というのは料金が不透明なところも多いもので、実は、「いつ結婚式を挙げるか」というタイミングの問題だけで、数十万円単位の節約が可能なんです!

節約の必要性

 「一生に一度のことなんだから、節約なんて言いたくない」という気持ちは分かります。しかし、はじめはそう思っていても、きっと後から「もっと安いプランを探せばよかった」、「契約前に交渉しておけばよかった」と後悔するはず。なぜなら、はじめの見積もりに含まれていないものというのは案外多く、初期見積もりよりも100万円以上料金がアップすることも珍しくないからです。

 また、挙式・披露宴以外のところでもかなりお金がかかります。新居を借りるための費用、家具・家電を揃える費用、新婚旅行の費用、それから遠方ゲストへの御車代など。

 抑えられるところは抑えておかないと、ギリギリになってから「やっぱりキャンドルサービスはやめます」なんて、やりたかった演出を我慢しなければならなくなったり、「料理のランクを落とします」なんて、目に見えやすい部分をケチらなくてはならなくなってしまうこともあるんです。

節約してはいけないところ

 基本的に、「目に見えるところ」と「ゲストにかけるお金」は節約してはいけません。目に見えるところやゲストにかかるお金をケチると「安くあげたな……」と思われ、費用を抑えたことがバレバレになってしまいます

料理

 料理は味ももちろん大切ですが、品数が少ないととても貧相に見えてしまいます。最低ランクのコースだと品数が少ないものも多いので、どうしても費用を抑えたいのであれば式場と交渉して、メイン料理のみグレードアップしたり、最低ランクのコースに前菜が付けられないか相談してみましょう。

引出物

 引出物は友人・知人へのもので5千円以上(引菓子、縁起物含む)が目安です。(ご夫婦や主賓の方はもっと高額に) 引出物が3千円、引菓子が千円、縁起物が千円、といったところですね。

 でも、引出物を2千円にしたり、引菓子をプチギフト並みのものにしてしまったりすると、見るからにケチったことがバレバレ。引出物で節約するなら、それなりのお値段のものを割引価格で買えるショップで手配するのがおすすめですよ。(引出物を外部のショップで購入しても、宅配にすれば持ち込み料はかかりません)

メイン装花・テーブル装花

 結婚式は、「花が高い!」とよく言われます。たしかに、お花屋さんで買うのとは違い、かなり高いです。でも、メインテーブルとゲストテーブルの装花はゲストも近くで見るものなので、ケチらない方がいいでしょう。

 代わりに、ケーキナイフやマイクにつける花をなくしたり、ブーケは造花にするといった方法で節約するのがいいでしょう。(わたしは、ウェディングドレス用のブーケを造花にしましたが見事にバレませんでしたよ)

安くなる時期がある!

仏滅を選ぶ

 会場にもよりますが、仏滅だと値引きがあるところも多いです。自分たちや親族がそこまでこだわらないのであれば仏滅でもいいかもしれませんね。(最近は、「新たにすべてが始まる日」というように仏滅もポジティブな意味合いを持たせることもできます)

ナイトウェディング

 夕方からのお式だと、昼間のお式よりも安くなることが多いです。土曜日の夜や祝日前の夜ならゲストの負担も大きくならないのでおすすめです。

真夏を選ぶ

 春は結婚式向きの時期ですが、実は、10~11月も春と変わらないぐらいに結婚式のハイシーズンです。つまり、春と秋は値引きしてもらえる可能性が低い、ということです。もっとも不人気なのは真夏。たしかに、ガーデン挙式など屋外に出る演出はしにくいですが、室内のみでおこなうなら、真夏でも問題はありません。

半年以内の挙式

 1年以上前から会場を抑える人も多いのですが、準備期間が短くなるほど値引きは大きくなります。半年以内であれば、100万円以上の値引きがある式場も珍しくありません。実際、打ち合わせが始まるのは挙式日の4~5か月前からなので、「どうしてもこの日に、この会場でやりたい!!」というこだわりがなければ、「半年前の時点で空いている式場」を選ぶことで大幅に費用を抑えることができます。わたしは、7か月前の契約でしたが、数十万円の値引きはありましたよ。

スマートに節約するならタイミングを選ぼう

 ペーパーアイテムを手作りしたり、格安なドレスを持ち込みにしたりと節約法はいろいろありますが、もっともインパクトが大きいのは「結婚式の時期」による値引きです。

 数千円、数万円という節約ももちろん大切ではありますが、一気に数十万~100万円ほどの値引きをしてもらえるのは結婚式の時期による値引きだけ。

 50万円節約できただけでも、それだけお料理をランクアップできたり、新居に置く家具をグレードアップできたりとお金の使い方が変わってくるものです。

 これから結婚式場を探そうとしている人は、ぜひ結婚式の時期にも気を付けて式場を探してみてはいかがでしょうか?(執筆者:吉見 夏実)

24時間パソコン・スマホでカンタン申し込み「楽天カード」

この記事を書いた人

吉見 夏実 吉見 夏実»筆者の記事一覧 (375) http://manetatsu.com/author/nyoshimi/

1984年生まれ。お金を貯めるのは好きだが同様にお金を使うことも大好き。好きなものを買うために普段はムダ遣いを排除し、シンプルライフを徹底。専業主婦時代には食費月1万円を実践、年間貯蓄額200万円を継続中。お金の使い方やダイエットにも断捨離の考えを取り入れ、無駄なくかつ楽しく豊かに生活する方法を模索中。メディア掲載:日経WOMAN、週刊SPAなど
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ