「脂肪貯めるな 金貯めろ」 ダイエットと節約の密接な関係


 あなたは、ダイエットにお金をかけていませんか? ダイエットをするだけで節約にもなる、と言われたらどう思われるでしょうか? 今回は、お正月太りも解消できる、ダイエットと節約の密接な関係についてお話ししたいと思います!

お金をかけずにダイエットする方法

外食を極力なくして和食中心の食生活に

 外食になるとどうしてもカロリーが高くなりますが、自炊ならそれだけで節約になりますし、カロリーオーバーになりにくいです。特に、和食の場合は毎日天ぷらでも食べない限りはまずカロリーオーバーになりませんし、食欲を我慢しなくても低カロリーな食生活が続けられますよ。

自宅筋トレ&ジョギングで脂肪燃焼

 ダイエットのために運動をする場合、ジムに行かなくても大丈夫です。特別な器具を使わずにできる筋トレはたくさんありますし、有酸素運動ならジョギングするだけです。

※ダイエットと言えば有酸素運動ですが、筋トレも併用することによって代謝を上げ、また、筋肉によってキレイなスタイルを作ることもできます。

情報収集はネットや図書館を活用

 ダイエット本もいろいろあります。次から次へと新しい方法が出てきますよね。ただ、基本的なダイエットのやり方というのは大昔から変わっていません。「健康的な食生活と適度な運動」がダイエットの大原則。だから、最新の本を買わなくても図書館にある本で十分ですし、ネットからの情報収集でも十分ダイエットに関する知識はつけられますよ。

節約するとダイエットになる

 一見、ただの節約法に見えることでも、実はダイエット効果もある、ということもあります。

水筒を持ち歩く

 むくみを防止して代謝を上げるにはこまめな水分補給が欠かせませんが、水筒を持ち歩けば節約&ダイエットになります。重たいのが嫌な人はプラスチック製の水筒でもいいですよ。わたしは、ステンレス製の水筒に白湯を入れて持ち歩きます。

自転車・徒歩で移動する

 交通費を節約するために自転車や徒歩移動に変えると、当然ダイエットにもなります。

電気代節約のために早く寝る

 電気代を節約するためには、早寝早起きがおすすめです。明るい時間に活動すれば、電気代はあまりかかりません。早寝早起きすることによって自律神経も整えられ、ダイエットの効果も出やすくなります。

暖房を使わないようにする

 暖房は極力つけないようにして、代わりに体を動かすとダイエットになります。わたしも、冬の朝はとにかく体を動かして温まるようにしています。

お菓子は我慢

 節約のためとは言え食事は重要ですが、お菓子はカットしてもいいものですよね。わたしはおやつは我慢したくないので、森永製菓の「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」を1日3枚ずつ食べます。(1週間もちます)

ダイエットにお金をかけるのはナンセンス!?

 ダイエットが必要なぐらいに太ってしまったのは、どうしてだと思いますか? つきつめて言ってしまえば、「本来必要な分を超えて無駄に食べ過ぎたから」です。消費しきれなかったエネルギーが脂肪として体に溜めこまれるのですから、食べ過ぎていなければ太ることはありません。

 そして、太るにはお金がかかります。余分な食材を買っているということですから、それだけお金の無駄にもなっていますよね。貯金が少ない人の中には、お金をせっせと引き出して、そのお金を脂肪に換えてしまっている人も少なくありません。

 しかし、ダイエットとなると、そこでもまたお金をかける人がたくさんいます。ダイエット食品を買ったり、エステに行ったりジムに行ったり……。太るためにお金を使い、痩せるためにもお金を使ってるわけですね。

 太ってしまったのは、「必要以上に無駄に食べ過ぎたから」なのですから、無駄だった分の食事をやめれば痩せます。それだけで痩せることはできるのですから、ダイエットにお金をかけるのはナンセンスだと、個人的には思います。

 あなたも、節約とダイエットを同時に叶えてみませんか? 脂肪は溜まらなくなり、お金が貯まるようになりますよ!(執筆者:吉見 夏実)

この記事を書いた人

吉見 夏実 吉見 夏実»筆者の記事一覧 (375) http://manetatsu.com/author/nyoshimi/

1984年生まれ。お金を貯めるのは好きだが同様にお金を使うことも大好き。好きなものを買うために普段はムダ遣いを排除し、シンプルライフを徹底。専業主婦時代には食費月1万円を実践、年間貯蓄額200万円を継続中。お金の使い方やダイエットにも断捨離の考えを取り入れ、無駄なくかつ楽しく豊かに生活する方法を模索中。メディア掲載:日経WOMAN、週刊SPAなど
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ