ネットフリマとは、ネット上でモノの売買ができるサイトやアプリのことを言います。節約のために古着を購入したり、プチ稼ぎのために不用品を販売したりと、マネ達読者のみなさまにはぜひとも活用していただいたいものなんですよ。

 今回は、不用品を売る際のおすすめサイト・アプリを紹介します! 売りたい「モノ」によって選ぶべきサイト・アプリも変わるので、チェックしてくださいね!

着なくなった服やファッション小物

レディースファッションなら【メルカリ・フリル・リストア】

 最近にわかに人気が出てきたのがフリマアプリです。従来のネットオークションなどとは違い出品の手順がシンプルになっており、無料で使えるのが魅力です。(商品が売れた際には金額に応じた手数料がかかるという仕組みです)

 メルカリは取扱商品が多くさまざまなジャンルがありますが、アパレル系が多いです。フリルは、女性の専用のフリマアプリなので、レディースファッションを売るのがおすすめです。

 また、「リストア」というアプリはブランドものを売るのに最適です。

今年こそメルカリ始めてみよう!

メンズファッションなら【メルカリ・リストア】

 メンズに特化したアプリも出てきていますが、利用者の多さを考えるとメルカリとリストアはおすすめです。利用者が多いアプリの方がそれだけ落札されるチャンスも増えますね。

子供服なら【ヤフオク・ママモール】

 フリマアプリとしてじわじわ人気が出てきているのが「ママモール」です。子供服に特化しているので、売る方も買う方も利用しやすいです。

 また、美品とは言えないような子供服をまとめて売るならヤフオクがおすすめです。単体で売るには微妙な服も、複数集めて「福袋」として出品することで落札されやすくなります。

不要になった本・CD・DVD

高く売りたいなら【Amazonマーケットプレイス】

 Amazonでは、中古の商品もたくさん販売されていますよね。この中古商品は、個人でも販売することができます。中古でも、人気の商品であれば定価に近い価格で売ることができますし、出品のための手順は少なく楽ちんです。

Amazonで売れない商品は【ヤフオク】

 Amazonでも、人気の無い商品だと中古品が「1円」や「10円」といった破格で売りさばかれている状態です。そんな中で「1,000円」と高い値段を設定しても売れません。あまり需要の無い商品に関しては、ヤフオクで売れないか試してみましょう。特に、マンガなどは「全巻セット」として売り出せばちょっとしたお小遣い程度になることもあります。

どうしても売れない商品は【ブックオフ】

 ブックオフの買取価格はあまり期待できません。が、売れない商品をいつまでも手元に置いていても邪魔なだけですよね。ネットから買取申込をして自宅に来て査定してもらうこともできるので、お店まで持って行けない人にもおすすめです。

家にあるいろんな不用品を売りたい人

 「断捨離をしたら大量の不用品が出てきた!」という人は売りたいものの数も多いので、一つひとつ販売先を考えて売るのは大変です。大量の不用品をさっさと処分したいなら、以下のサイトがおすすめ。

【ブックオフ・ネットオフ】

 本やCDだけでなくファッションアイテムや家電など、さまざまな商品を買い取ってくれます。買取価格がアップするキャンペーンをおこなっていることもありますよ。

 両者は実は全くの別会社でサービス内容も似ていますが、取扱商品に微妙に差があるので、売りたいモノを扱っている方を選ぶといいでしょう。

【買取王子】

 幅広い取扱商品があるのはもちろんのこと、ダンボールは無料サービスで、そのダンボールにジャンル問わず入るだけ商品を入れて送るだけ、という手軽さが魅力です。

【Yahoo!買取】

 ヤフーグループの買取サービスで、こちらも幅広い商品を扱っています。Yahoo!IDを持っている人なら使いやすいと思います。

 ネット買取サービスを利用する場合、オークションやフリマアプリほど利益は出せませんが、ゴミ袋代を払って、心を痛めて捨てるよりはいいですよね。意外なモノに意外な高値が付いたりするので、不用品がある人はぜひこれらのフリマアプリ・買取サービスを利用してみてはいかがでしょうか?(執筆者:吉見 夏実)

RAGTAG/rt -ブランド古着を高く売るなら「ラグタグ」へ。