所得税や住民税などの税金、あなたは銀行引落にしていますか? 銀行引落は断然便利ではありますが、得したい方には「クレジットカード払い」がおすすめです!

「税金はクレジットカードで払えないでしょ?」と思ったら大間違い! すべてでは有りませんが、クレジットカードやプリペイドカードを使って支払うこともできるんです!

住民税や固定資産税をすべてカード払いできれば、貯まるポイントもバカにできない額になりますよ。

「Yahoo!公金支払い」でクレジットカード払いが可能

Yahoo!のサービスの一つで、税金などの支払を、オンライン上でクレジットカードを使ってできるものです。取り扱っている種別は以下の通り。

・自動車税
・軽自動車税
・固定資産税
・住民税
・国民健康保険税
・介護保険料
・後期高齢者医療保険
・水道料金
・NHK放送受信料

税金や保険料、水道料金は自治体によって該当しないことも

すべての自治体が対応しているわけではありません。(残念ながら、わたしの地元京都は対応してなかったです)

対応している自治体の場合、「納税通知書」などが手元にあればYahoo!公金支払いの画面上からクレジット決済が可能です。

ちなみに、水道料金ははじめからクレジットカード払いに対応している水道局も多いと思いますので、Yahoo!公金支払いの対象の自治体でない人も、お住まいの地域の水道局HPをチェックしてみましょう。わたしは、元から水道料金はカード払いです。

NHK放送受信料は「払込用紙」があれば可能

NHK放送受信料も元からカード払いが可能ですし、我が家はカード払いにしています。ただ、振込にしている人の場合は、毎回銀行などの窓口で支払っていますよね。これも、Yahoo!公金支払いを使えばカード払いができるようになります。

分割払いもできる

クレジットカード払いができるということは、当然分割払いもできるということです。金額の大きい税金も、分割払いにすることによって支払いがラクになりますね。

※分割払いにすると分割手数料がかかるため、いくらポイントが貯まると言っても節約にはなりません。気を付けてください。

Tポイント払いも可能です

Yahoo!公金支払いでは、Tポイントを使って支払うことも可能です。Tポイントの使い道に迷って貯めっぱなしになっている人は、税金の支払いに充ててもいいでしょう。

その他、Yahoo!公金支払いではふるさと納税もできる仕組みがあります。カード払いで効率よくポイントを貯めたい人は、ぜひ活用しましょう!

※税金の種類や自治体によって、手数料がかかることがあります。手数料を確認の上支払いましょう。

nanacoカードで税金の支払いを

セブンイレブンやイトーヨーカドーでの買い物がお得になる電子マネーnanacoですが、nanacoを使うことで税金等の支払ができるんです。

そして、nanacoのチャージにはクレジットカードが使えます。税金の支払いの場合はnanacoのポイントは付かないのですが、チャージした際にクレジットカードのポイントは貯まります。つまり、間接的にクレジットカード払いができるということですね。

ただし、nanacoへチャージできるクレジットカードは限られています。

・セブンカード・プラス
・セブンカード/アイワイカード
クラブ・オン カード セゾン/ミレニアムカードセゾン
・JCB
・セゾンカード
・UCカード
・三井住友カード
・VJAグループカード
・ジャックスカード
・JP BANK カード
・DCMXカード
・MUFGカード
・DCカード
・UFJカード
・NICOSカード
・セディナカード
・OMCカード
・ライフカード
・NTTグループカード

還元率の高いカードで言うと、リクルートカードプラス(2.0%)や楽天カード(1.0%)、Yahoo!カード(1.0%)などがありますが、いずれもJCBブランドのみが対応です。(わたしの楽天カードはVISAなので対応していない……残念!)

また、nanacoにクレジットカードでチャージする場合は、事前の利用登録が必要となります。nanacoカードを作ってから10日後(nanacoモバイルは4日後)から事前登録ができるようになり、さらに、事前登録してから24時間後にチャージの手続きができるようになります。

今からnanacoカードを作る人だと、実際にクレジットチャージして税金等の支払いをするまでには最短11日間はかかりますので、気を付けてくださいね。

これなら、カード払いに対応していない自治体の方でも、実質的にカード払いをしたのと同等のポイントを貯めることができますよ。

クレジット払いに対応している自治体ならコンビニ払いも可能

Yahoo!公金支払いを使わなくても、クレジット払いに対応している自治体であれば、納付書を持ってコンビニに行くだけでクレジットカードでの支払いが可能です。

この場合も、Yahoo!公金支払いを同様に手数料がかかることもありますし、自治体によって取り扱っている税金の種類も異なりますので、お住いの自治体HPで確認してみてくださいね。

自治体としても、カード払いに対応することによって分割払いもできるようになり、未納を減らせるというメリットがあるわけですが、わたしたちにとっても効率よくポイントが貯まるという魅力があります。

お住いの地域がカード払いに対応しているのであれば、ぜひ活用していきましょう。(執筆者:吉見 夏実)

24時間パソコン・スマホでカンタン申し込み「楽天カード」

「ライフカード」を作る⇒公式サイト

リクルートカード申し込みはこちら