20代から30代にかけて、友達の結婚ラッシュが起こります。祝福の気持ちと同時に、「お金かかるな~……」と、ちょっぴり憂鬱な気持ちになってしまう人も多いのではないでしょうか。

何も考えずにお金を使っていると、まさしく「お呼ばれ貧乏」、「ご祝儀貧乏」になりかねません! そこで、友達の結婚式にかかるお金を計画的に貯める方法と、結婚式参加の際に削れるお金について、紹介したいと思います!

目安は2~3万円 ご祝儀は節約しない!

一般的な挙式・披露宴の場合、会費制でなければご祝儀を包みます。友人関係であれば相場は3万円と言われますが、最近は2万円でもいいと言われているようです。

ただ、すでに自分が結婚していて、そのときに3万円包んでもらったのであれば、同額を返すようにした方がいいでしょう。金額が不安な場合は、友達と相談したり、親に相談してみるのもいいと思います。

もちろん、ご祝儀は節約していいものではありません。ご祝儀を包めないほど生活が苦しい場合は、結婚式への参加自体をやめた方がいいです。(相手が、「ご祝儀なんかいらないから来て!」と言わない限りは)

結婚式お呼ばれの節約法

ドレス代は節約できる!


結婚ラッシュに入ると、「高校時代の友人の結婚式3連チャン」なんてことも発生します。そして、メンツがかぶります。「また同じドレス着てる……」と思われたくないからと言って、いくつもドレスを新調していませんか?

ドレス代は、節約できます。友達が、「ドレスってこれ一着しか持っていないw」と言っていたことがありますが、彼女が着ていたのは上品な紺のドレスで、長年着られそうなデザインでした。

実際、何度も見ているはずなのに「また同じドレスだ」とは思いませんでした。派手なデザインや流行のデザインを避けて、オーソドックスなドレスを選べば、一着で着回せますよ。

わたしも、それからはむやみにドレスを新調するのをやめました。ちなみに、最近は格安なドレスでも良いものを見つけられることもあります。1万円程度でも生地や縫製に問題が無いものもあるので、じっくり探してみましょう。

ドレスが1着なら、パンプスも1足で済みますよ。

【レンタルは節約にならない?】

レンタルドレスという方法もありますが、本気で節約したい人にはおすすめしません。なぜなら、結局1万円ぐらいかかるからです。そして、結婚ラッシュ真っ只中だと、頻繁にドレスを着るんですから、レンタル代も相当な額になってしまいます。

逆に、「節約はしたいけど、ドレスはいろんなものが着たい!」とファッションへのこだわりが強く、お金的にも大丈夫な人は、レンタルを利用されるといいでしょう。

ヘアセット代を節約する!

ヘアセット、美容院に行くと4,000円前後かかりますよね。これも、地味に痛い出費です。ヘアセット代を節約するには、自分でできるようになるのが一番です。

ただ、わたしは自分でヘアセットができません。絶望的に不器用なのです。そこで、よく使うのは2,000円未満の格安セットサロン。キャバ嬢さんがよく使うお店ということもあって、格安で、しかも一般的な美容院でセットしてもらうよりも断然早く、しかも上手いんです。

また、普段はしっかりヘアセットすることが無いので、結婚式のためだけにヘアスプレーなどを購入しなければならずそれなら格安セットサロンでやってもらった方が安いです。

何度も言いますが、一番いいのは、自分でセットすることです。(わたしも、二次会からの参加なら自分でセットします)

交通費・宿泊費を節約する!

遠方で結婚式がある場合は、節約必須です。交通+ホテルなら、「出張パック」を使うと安くなることが多いです。また、3月頃だと学生向けのプランで一般利用OKのものもあるのでチェックしてみてください。

あなた自身が遠方にいて、地元で結婚式がある場合は当然宿泊は実家を利用しましょう。

交通費は、高速バスを使うのが一番安上がりですから、時間にゆとりがあるならぜひ高速バスを利用しましょう。

お呼ばれ資金の貯め方


結婚式のお呼ばれは、重なると1か月に3件も4件も入ってしまうことがあります。わたしも経験がありますが、あらかじめ準備しておかないとかなりキツイですよね。

「行きたいけど行けない……」なんてことにならないように、普段から「冠婚葬祭費」を積み立てておきましょう。金額は、月額1万円が目標です。これだけで年間12万円貯まります。

1万円が難しければ、5千円ずつでも積み立てを。5千円ずつだと、結婚式が重なるときにはマイナスになるのですが、結婚式の予定が入ったときだけしばらく節約生活をして、プラスで積み立てておくように調整すればなんとかなります。

積立定期預金で強制積立

積立定期預金にしてしまえば、毎月自動でお金が振り替えられます。普通口座に入れっぱなしにしておくとつい使ってしまうことも多いので、別口座に移すのが一番。手動で他の使っていない口座に移すよりも、定期預金にして自動で移す方が手間がなく、貯まりやすいですよ。

タンス預金で積み立て

積立定期預金の場合、結婚式があるときにはその定期を解約することになり、少し面倒があるかもしれません。(ネットバンキングで解約できるものなら手間は無いですが、窓口に行かなくてはならない場合は大変ですよね)

その場合、おすすめなのはタンス預金です。要は、自宅で現金を貯めておく方法です。お給料が入ったあと、積立分も合わせておろしておき、積立用の封筒などにお金を足していきます。新札があったときにはその封筒に入れておくようにすると、結婚式前に焦って両替に行く必要もないですよ。

どちらにせよ、冠婚葬祭費をしっかり貯めるには「目の前からお金を消す」という方法が有効です。財布や普通口座に入ったままになるとどうしても使ってしまいますので、見えないところに貯めておくようにしましょう。(執筆者:吉見 夏実)