わたしは、友人の結婚式に出席するのが大好きです。とても幸せな気持ちになれますよね。ただ、一方で結婚式への出席には、お金がかかるという問題も……。20代~30代の方だと、必ず一度は経験するであろう結婚ラッシュ。

挙式・披露宴のご祝儀だけでなく、友人一同で贈る結婚祝いのプレゼントや二次会の会費、女性であればドレスやバッグ、ヘアセットなどなど、いろんなお金がかかってくるものですよね。

そこで、結婚ラッシュを控えた方&結婚ラッシュ真っ只中の方のための、「結婚ラッシュ」への備え方を紹介したいと思います!

ご祝儀はいくらが妥当?

挙式・披露宴に参加する際に受付で渡すご祝儀。いくら入れるのが妥当なのか、相場そのものを知らないという方も多いようです。

一般的に言われている相場としては、3万円。夫婦で参加する場合は5万円だと言われています

結婚に対するご祝儀は「割り切れる数字は不吉」ということで3万や5万といった奇数が好まれてきたのですが、最近は2万円でもいい、とも言われています。(お札が2枚にならないように、「1万円札×1枚+5千円札×2枚」というように3枚にするといいですよ)

ちなみに、3万円という金額はあくまでも挙式・披露宴に参加する場合。欠席する場合は、お祝いを渡すなら1万円程度が目安となります。

また、自分がすでに結婚している場合は、自分が結婚式をしたときにもらったご祝儀と同金額を目安にするといいですよ。3万円もらったならこちらも3万円、2万円もらったならこちらも2万円、というのが相手にも気を使わせずに済む方法です。

もちろん、ご祝儀というのはあくまでもお祝いの気持ちとしてお渡しするものですから、「○万円でなければならない」というものではありませんし、目安としてお考えください。

ドレスアップにいくらかかる?(女性)


男性の場合は、スーツが1着あればそれで済みますが、女性はそうはいきません。

普段着では結婚式には行けませんし、ドレスに合わせて靴やバッグも変えなければなりません。美容院でヘアセットしてもらうにも、数千円はかかりますよね。

【ドレス】
◎長く着られるちゃんとしたもの 3万円~
◎レンタル 1万円~
◎格安なドレス 4千円~

通販サイトなどでも、格安なドレスなら数千円で手に入ります。ただ、作りが良くなかったり、見た目も安っぽかったりするので、慎重に選ばなくてはなりません。通販サイトで購入するのはおすすめできません。実店舗で格安なドレスを扱っているところを探すのがおすすめです。

「結婚式はメンバーがかぶることも多いから、ドレスは数着無いと困る!」と思っている人も多いのですが、個人的には毎回同じドレスでもいいかな、と思っています。

シンプルで上品なデザインなら、毎回同じドレスだとは気付かれにくいということもありますが、毎回同じドレスでも、そもそも問題ないのではないか、と思うからです。いわゆる「一張羅(いっちょうら)」というやつですから、一着あれば十分ではないでしょうか?

もちろん、友人関係などの事情から複数のドレスが欲しいという人もいらっしゃると思います。その場合はレンタルを利用するか、予算が厳しければ格安なドレスを数着買っておくと良いでしょう。

【ファッション小物】

◎パンプス 4千円位~
ドレスに合わせたものを必要分。ドレスが一着なら、パンプスも一足あればいいです。結婚式への参列ではそんなに歩き回ることが無いので、比較的安い靴でも、あまり問題は無いかと思います。

◎バッグ 2千円位~
ドレスに合わせたパーティバッグを持っておきましょう。ちなみに、紙袋はマナー違反とされています。(ブランドのショップ袋もダメですよ!) 1万円出せばちゃんとしたものが買えますが、安いものでもさほど問題ないように思います。

◎ボレロ、ショール等 3千円位~
ボレロやショール(ストール)を使う人は多いですが、そもそもボレロ等が要らないデザインのドレスを選べば、買う必要の無いものでもあります。

良いものを買おうと思うと2万円以上しますが、節約したいなら購入するドレスのデザインに注意するといいでしょう。※ファー素材のものは、基本的にはマナー違反とされているので注意してください。

◎ピアス、ネックレス 千円位~
いずれも、安いもので揃えていてもさほど分からないような気もします。特に、20代前半であれば多少安っぽくても許されるのではないかとわたしは感じています。

ただ、見る人が見れば安いか高いかは分かるものですし、結婚式と言えば友達の親族はもちろん、友達のパートナーの親族もいらっしゃるわけですから、安いものをたくさん買うより、本物を一つ持っておいた方がいいかなぁと個人的には思います。(シンプルなパールのネックレス&イヤリングならお母さんのお下がりでもいいと思います)

【ヘアメイク】

◎ヘアセット 1,500円~
わたしもかなり不器用でして、いくら自宅で特訓しても一向に上達しないため、必ずプロにセットしてもらっています。一般的な美容院であれば4千円前後かかるヘアセットですが、セットサロンに行く方が安いことが多いですよ。わたしがよく使うところは1,600円です。

◎メイク 2,000円~
普段メイクをしない方の場合、結婚式のときだけメイクするとうまくいかないこともありますし、年に数回の結婚式のためだけに何万円ものコスメを揃えるのはもったいないですよね。

ヘアセットと一緒にメイクもしてくれるサロンはたくさんありますし、メイクサロンに行くのもいいでしょう。フルメイクの他、ポイントメイクだけやってもらうというコースもあります。

お祝いの品、二次会参加など

◎お祝いの品
個人的に、もしくは友人一同として、お祝いの品を贈ることもあるかと思いますが、基本的には、結婚式に参加するならなくてもいいものです。金額としては、1人3千円程度で十分ですよ。

◎二次会 7,000~8,000円程度
二次会と言っても、会場によって費用が異なるのが一般的です。ホテルやレストランを利用した二次会だと、7,000~8,000円程度が相場かと思いますが、もっとカジュアルな居酒屋などになると、3,000円とか5,000円、ということもあります。

冠婚葬祭積立をしよう!


結婚式に参加する費用は、数万円単位で発生するものですから、日頃から計画的に積み立てておくことが大切です。

基本的には、冠婚葬祭費として少なくとも月額1万円を積み立てておくと良いでしょう。これなら年間12万円貯まりますから、もし結婚式が続いてお金が足りなくなっても、足りない分を補てんするだけで良いのでずいぶん楽になります。

結婚ラッシュが落ち着いた後は月々5千円程度で足りるかと思います。

すでに結婚ラッシュに入っている方は、これに加えて、現時点で決定している結婚式に向けて、必要な金額を貯めていくようにしてください。ご祝儀はもちろん、二次会の費用や交通費・宿泊費、ドレス等を新調する場合はその費用も合わせて、貯金計画を立ててみてくださいね!(執筆者:吉見 夏実)