わが家のTTP交渉 FPに相談する前夜[背景]

【登場人物】
父・・・凡人ユー君
母・・・恐妻家ア-ちゃん
娘・・・浪費家キ-ちゃん


娘:「パパア~」

父:「・・・」

母:「父~さん」

父:「・・・」

娘:「おやじ~っ」

父:「・・・」

母:「ユー君?」

父:「・・・」

母: 「しばくぞ!」

父:「○△×□」

娘:「いみっフメイ?」

母:「ストレスたまるわ~っ」

父:「・・・なんだよ? 日曜日ぐらい静かにしてくれよ。」

母:「今日外食やめだからねっ!」

娘:「おやじ~っ節約しなきゃダメダメ」

父:「えーっ? キーちゃんだって楽しみにしてたじゃんか?」

母:「ガソリンも高くなったし! 電気代も値上げだからね? しめないと?」

娘:「来月からゴルフもだめだからねっ!」

父:「それはないよ? 釣りやめるわ!」

母:「パパのお仕事のお付き合いだからねっ! 回数へらしてよっ!」

父:「それもないよ? 最近腕あげてんだろ! おみやげもらってんだろっ?」

娘:「ああ~安っぽいケ-キね。来月優勝したら考えてあげるねっ!」

母:「ありえないことよく言うねっ! この子は?」

娘:「ふっふっ~ん!」

父:「よーしっ優勝してやるぞ!」

母:「しめるのは首にしようか?」

父:「・・・なんだよ? はやまるな?」

母:「どれだけ厳しいか? 教えてあげようか?」

FPに相談したママ友に教えてもらって家計簿をチェック。
家計簿を出してとことん糾弾? 収支のバランス崩壊見込み。
放置すると貯蓄がパンク寸前。大きな支出見込み。

父:「お給料が減少したわけでもないよな?」

娘:「私ね! 専門学校いくから」

父:「短大いくって言ってたよな?」

母:「やりたいことが見つかったのよ?」

父:「そっかあ? どっちにしても入学するのにまとまったお金がいるものだ?」

母:「そこに税金や公共料金のUPでしょ?」

燃料・公共料金ののきなみUP
明年より軽自動車税のUP・消費税10%など

娘:「私ね! 自動車免許取ったから、車(新車)欲しいの」

父:「いたあ~っ、まだあるのかよっ?」

母:「だから、私達の車は中古の軽自動車に変えるからねっ」

かわいい一人娘にメロメロのユー君は娘の進路、おねだりには大変弱い。
娘の最小限の願いは叶えてあげたい。と決めている。

父:「なんだよ。それは?」

母:「私のママ友がね? FPさんに相談して決めたって」

FP相談までに、様々なストレスを抱え、体調を崩された方もいる。
カウンセリング能力を持ったFPに相談することで人生が変わることも。
いわゆる3種の神器「住宅・保険・資産運用」だけがFP相談ではない。

もちろん、マネ-プランで大きな支出を抑え、お金にも働かさせることも有効。
ただしこれは、一つの手段に過ぎない。

さらに人生の最終章へリタイアメント・プランニングが重要となる。
欧米など世界と同様、熟年離婚、死別などでも、未亡人とは限りませんから
男性も女性も個人個人のプランを本気で考える時がきている。

父:「FPが言ったのか?」

母:「私のママ友がね? 自分で気づいたのよ!」

父:「ふん、FPはその程度かい?」

母:「そうではなくて、随分、本質にせまったアドバイスだったって」

父:「おれも譲れないところがあるからな、わが家のTPP相談に行って見ようかな?」

母:「私はTTP交渉ね!」

父:「なんだ! それっ?」

T・・・父さん
T・・・助けて
P・・・ピンチなの

以上(執筆者:木村 正人)