クレジットカードの裏面には、署名をする欄がありますよね。ここに署名をしておかないと、万が一の時もカード会社からの補償がないので、カードが届いたらすぐに署名欄に記入をしておきましょう。しかしそこで考えるのは、「カードのサインってどの文字で書けばいいの?」ということではないでしょうか。

実は、署名にこれといった決まりはない

署名というくらいだから、自分のフルネームをしっかり書かなければならないと思っている方も多いでしょうが、そんなことはありません。クレジットカードの署名は、カードに書かれている署名と使用している人の署名が同じであることが主たる目的ですので、必ずしもフルネームを書く必要はありません

必ずしも名前を書く必要もないのですが、「座右の銘」なんかを署名欄に書くとカード会社から注意を受けるかもしれません。しかし海外旅行に行く人は、パスポートのサインと同じにしておくと何かと便利です。

漢字で書く

われわれ日本人が署名をするとき、もっとも一般的なのが漢字で氏名を書く署名です。日本以外で漢字を使用している国や地域は、中国や台湾、韓国といったところでしょうか。これでしたら、署名をまねられて不正利用される可能性も低くなります

その一方で、漢字を使わない国の人がその署名を見て、カードの署名と同一か判断するのは至難の業です。日本人がアラビア文字を見てサインを判断するのと同じように、場合によっては照合作業に手間取る可能性があります

ひらがな・カタカナで書く

漢字で署名をすると中国の人ならば真似られる可能性がありますので、その可能性を完全に排除するなら、日本特有の文字であるひらがなやカタカナで書くのがいいでしょう。ただし、普段自分の氏名をひらがなやカタカナで書く人はさほど多くなく、カードはカタカナで書いてあるのに実際のサインを漢字でしてしまった、なんてこともよくあるようです。

筆記体で書く

自分の氏名を筆記体で書く人もいます。これならば、広く世界中で照合作業をしやすいメリットがありますね。しかし、日本人が筆記体で名前を書くのは結構時間がかかり、後ろで行列ができていると迷惑をかける可能性があります。また、毎回同じ筆記体でサインができるかどうかも不透明です。

署名を選ぶ際には、自分が書きやすく何度でも同じく書ける、そんな署名がいいでしょう。(執筆者:角野 達仁)