今や日本一の店舗数を誇るうどんチェーンの雄、それが「丸亀製麺」です。本格的な讃岐うどんならではのこしとあっさりめのスープ、そして店内で調理しているこだわりの天ぷらがくせとなり、シンプルながらお客さんのリピート率は相当なものです。

支払いは基本的に現金払い

そんな丸亀製麺ですが、うどんを注文して天ぷらやおにぎりをとった先にレジがあり、そこでお会計をするのですが、レジをよく見てもクレジットカードをスキャンするためのスリットや電子マネーのリーダーがありません。そう、丸亀製麺は基本的に現金払いとなっているのです。

丸亀製麺オリジナルのプリペイドカードもあるが

実は丸亀製麺では、オリジナルのプリペイドカード、その名も「丸亀製麺カード」が発行されています。これは、3000円以上チャージをすると5%のおまけがついてきます。3000円チャージしたら3150円分、1万円チャージしたら10500円分のお食事ができるというわけで、還元率は実質6%です。

しかも、100円利用ごとに1ポイント付与され、10ポイント=1円として利用可能です。ただし、チャージはクレジットカードではできずに現金チャージのみ、使える場所も東京都内や兵庫県内に一部店舗に限られるなど、使い勝手はいまいちですね。

店舗によっては電子マネーやクレカに対応している

しかし、一部の丸亀製麺では、電子マネーやクレジットカードでの決済に対応しているところもあります。これは、丸亀製麺がテナントとして入っているお店の意向によるものです。

例えば、楽天Edyが使える店舗としては羽田空港第2ビル店、nanacoが使える店舗としてはアリオやイトーヨーカドー、ららぽーと内の店舗、Suicaが使える店舗としては大崎センタービル店などがあります。

そしてクレジットカードの決済については、アリオやイトーヨーカドー、そしてイオン内の一部店舗にて利用可能で、意外なところではハワイにある丸亀製麺でもクレジットカードが利用できます。

丸亀製麺ファンのクレカユーザーとしては、丸亀製麺カードが対応店舗を増やしてクレカチャージに対応してくれればいうことありませんが、当面は電子マネーやクレジットカード決済の対応を期待したいですね。(執筆者:角野 達仁)