もうムダな服は買いたくない 今年は「エシカルファッション」を意識してみよう

エシカルファッションという言葉、まだ聞いたことが無いという方も多いようですが、数年前から着実に普及しつつある言葉です。そして、エシカルファッションは節約とも無関係のものではありません

節約と言うと「いかに安く買うか」に焦点が当てられがち。しかし、「そもそも買わない」という選択肢を持てば、もっと節約になって、なおかつ快適な生活が送れるのではないでしょうか?

エシカルファッションとは?


エシカルファッションとは、ざっくりと一言で言えば「道徳的なファッション」だと言えます。詳しくみてみましょう。たとえば、こういうものがエシカルファッションです。

・環境に優しい素材を使った衣類(オーガニックコットンなど)
・環境に優しい工程で作られた衣類(天然素材の染料を使っているなど)
・フェアトレードによって流通している衣類
・仕事の無い地域の人に作ってもらった衣類

「エコ」や「ロハス」、「フェアトレード」といった概念を含むのがエシカルファッションです。

わたしなりの言葉で言えば、

・環境への負担が少なくて、
・作った人が十分な収入を得られて、
・買った自分も良い気分になれる

そんなファッションを目指すのが、エシカルファッションだということになります。

これも、エシカルファッションです


他にも、こういった行動もエシカルファッションだと言えるのではないでしょうか。

製造や流通の過程に疑問を持つものは買わない

安い製品を見たとき、「安い!」と思って即購入していませんか?

環境に負荷をかけていたり、途上国の子供が重労働を強いられているという可能性だってあります疑問が浮かぶような場合はその商品を買わない、という選択肢を持つことで、服を買う機会を減らせます

衣類の廃棄量を減らす

たくさん服を買っていると、それだけ廃棄する量も増えてしまいます。服を捨てるということはそれだけ環境に負担を与えてしまいますし、自分自身も罪悪感を感じてしまいますよね

衣類はトコトン着倒してから捨てる、リサイクルに出す、といった方法をとりましょう。廃棄量を減らすには購入量を減らさなくてはなりませんから、節約につながります。

エシカルファッションで節約に


たとえば、オーガニックコットンの衣類は普通のコットンに比べると高価なものが多いですよね。フェアトレードの衣類も高いです。一見すると、エシカルファッションと節約は相反するもののように思えるのではないでしょうか。

しかし、エシカルファッションを取り入れることにより、

・洋服を買う量が減る
・買った洋服はボロボロになるまで着るようになる
・サイズアウトなどで着られなくなったものはリサイクルに出そうという意識が働く

など、節約につながる行動がとれるようになります

完璧に、とはいかなくても、ただ安い服を探すだけの節約ではなく、エシカルな視点を意識してファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか?(執筆者:吉見 夏実)

この記事を書いた人

吉見 夏実 吉見 夏実»筆者の記事一覧 (375) http://manetatsu.com/author/nyoshimi/

1984年生まれ。お金を貯めるのは好きだが同様にお金を使うことも大好き。好きなものを買うために普段はムダ遣いを排除し、シンプルライフを徹底。専業主婦時代には食費月1万円を実践、年間貯蓄額200万円を継続中。お金の使い方やダイエットにも断捨離の考えを取り入れ、無駄なくかつ楽しく豊かに生活する方法を模索中。メディア掲載:日経WOMAN、週刊SPAなど
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ