今回は、2016年4月の電力自由化に伴い誕生した「まちエネ」を紹介しましょう。

まちエネ

≪まちエネ 画像元:http://www.machi-ene.jp/≫

みんながオトクな電気料金

まちエネとは、三菱商事とローソンが共同で設立した新しい電力会社です。

多くの新電力が、「電気をたくさん使う人がお得になる」や「セット契約や2年契約をするとお得になる」というように、特定の条件を満たした人にオトクな電気料金を提供しています。

一方でまちエネは、誰もがお得になるうれしい電気料金を設定しています。電気料金のプランは「きほんプラン」の1つだけなので、それにしようか悩む必要はありません。

例えば、現在の電気代が月1万2000円の戸建て3人暮らしの家庭の場合、きほんプランにするだけで年間約5300円相当オトクになるのです

現在の電気代が月7200円のマンション2人暮らしの方でも、きほんプランで年間700円相当オトクになる計算です。

ローソンでお得

まちエネは家庭だけでなく、ローソンでもお得になります。

まちエネを契約すると、ローソンの人気メニューのお得なクーポン券(マチカフェ1杯無料)が、毎月メールで配信されてきます。

ローソンチケットより、優待チケットを紹介する特典も予告されています。

Pontaポイントでお得


≪引用元:ポンタ http://ponta.jp/c/services/collect/≫

ローソンが採用しているポイントプログラムといえば、Ponta。もちろんPontaポイントもうれしいことになっています。

電気代1000円ごとに10Pontaポイントが貯まり、貯まったポイントはもちろんローソンでもお支払いにも利用可能

ただし、よりオトクにPontaポイントを使いたいなら、マルチメディア端末「Loppi」は欠かせません。

Loppiではローソンでのお試し引換券が発行でき、Pontaポイントを使ってかなりお得に商品と交換できるのですから。

さらに、2016年4月30日までにインターネットからまちエネの申込をしますと、最大500Pontaポイントがもらえる上、契約手数料324円が無料となります。

どのクレカがお得か

ただでさえお得なまちエネですが、クレカユーザーとしてはクレカを使ってよりお得になりたいもの。

現在のところ、まちエネで利用して特にお得になるクレカは出ていません

Pontaポイントを重視するのであれば、「JMBローソンPontaカードVisa」がおすすめです。

2月29日までに新規入会をすると、1000Pontaポイントがプレゼントされます。また、3月31日までの携帯電話料金のお支払いで、1000Pontaポイントがもらえます。(執筆者:角野 達仁)

リクルートカード申し込みはこちら