最近、登山が注目を集めています。

若かりし頃、ワンダーフォーゲルなどで腕に、いや足に覚えのある人たちが、定年後に再び青春を取り戻すべく山へ向かうケースがあります。

また、若い女性などはファッション性に秀でた「山ガール」となって、登山を楽しむ人も。

意外と高額になる山でのトラブル

そんなアクティブシニアや山ガールに限らず、山でのトラブルは結構多いものです

ロープウェーで山の中腹まで一気に登り、そこから山頂を目指す人もいますが、体が山に順応しきっていないうちに上ると、高山病になる可能性が。

ご来光を見るために深夜登山をする人もいますが、宿泊することない「弾丸登山」ですと体調が万全ではないため、体調を崩す要因にもなります。

そして、最も高額になる山のトラブルが、遭難したとき。

民間が捜索に加わると、それだけで何百万円もの救援費用がかかってしまうので、遭難はしたくないものです。

万が一に備えてモンベルの山岳保険を

万が一に備えて、ザックに多くの荷物を入れることももちろん重要ですが、それと同時に「転ばぬ先の杖」も入れておくことも重要です。

その一つが「モンベルの山岳保険」です。

モンベルといえば、アウトドアグッズなどを製造、販売している日本の人気メーカーですが、山岳保険も提供しています

バリエーション豊富なラインナップ

モンベルの山岳保険は、期間に合わせて様々なタイプが用意されています。

まず「傷害総合保険」では、1年以上の保険期間が用意されていますが、その中でも1年、3年、5年と3タイプから選ぶことができます。

期間だけではなく、登山のレベルに応じたチョイスもあり、軽登山であれば「モンベル野外活動保険」、本格的な登山であれば「モンベル山岳保険」がおすすめ

いずれも、補償の充実度合いに応じて案新プラン、スタンダードプラン、シンプルプランが用意されていますので、自分の登山スタイルに合わせた最適な保険が選べます

補償も充実

短期の方向けには「短期山岳保険」(国内旅行傷害保険)も用意。

基本補償も充実していますが、ここに特約として「救援者費用等補償」をつけられます

一律で300万円まで補償してくれますので、民間の捜索が入っても救援費用は安心です

その他にも、日額最高7500円の入院保障、最高1億円の個人賠償責任補償は自動付帯

携行品損害補償も付帯可能で、フル装備の保険であっても1泊2日で500円程度と、充実の補償内容から考えれば、かなりお手頃な掛け金です。

モンベルクラブ会員になれば、支払った保険料に応じてポイントが貯まり、1ポイント=1円でモンベルストアやオンラインショップで利用可能です

転ばぬ先の杖として、登山の際には加入しておくことをおススメします。(執筆者:角野 達仁)