妻のパート収入が増えても、税金や社会保険料の負担贈により世帯手取りが逆に減ってしまう現象を、パート収入の壁と呼びます。

これまでの「103万円の壁」、「130万円の壁」に加えて、平成28年10月からは「106万円の壁」も出現することになりました。

前回「パートの壁は夫しだい? 夫の職業と所得で決まる『103万円の壁、130万円の壁、106万円の壁』で103万円の壁、130万円の壁を中心に、パート収入と世帯手取の変化について紹介しました。

今回は読者のリクエストにお応えして、「106万円の壁について」をご紹介します

106万円で社会保険に加入する要件

短時間労働者の被用者保険適用拡大により、平成28年10月から下記要件を満たすパート従業員については「厚生年金保険、健康保険」に加入することになりました。

厚生労働省の資料によれば、短時間労働者900万人のうち25万人が対象になると考えられています。

まずはご自身が対象になるか否かご確認ください。

・ 勤 務 先:従業員数501名以上の企業
・ 勤務期間:1年以上の見込み
・ 勤務時間:週20時間以上
・ 月額賃金:8.8万円以上(年収106万円以上)
※学生は適用除外