スマホで時間を浪費するとお金がかかる

電車に乗るとスマホをいじっている人が多いことに気づきます。

総務省の「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によりますとスマホ利用者の平日1日のインターネット平均利用時間は73.0分となっています。

いつも忙しい、時間がないと思っている方はスマホに時間を取られていないか考えてみてください。

スマホに時間を取られることで知らず知らずのうちに本当は使う必要のないお金を使ってしまっているかもしれません。

心当たりはありませんか?

時間がなくて次のようなことが多くなっていないでしょうか。

(1) 食事の支度の時間がなくなり出来合いの惣菜を買ってしまう。

(2) 自炊の時間がなくて外食にしてしまう。

(3) 家族のお弁当を作る時間がなくて外食にしてもらっている。

(4) 外出時に時間の余裕がなくてタクシーを利用してしまう。

(5) 買い物の時間がなくて安いスーパーではなく、単に近い店舗やコンビニで済ませている。

(6) スマホをチェックするために外出先でカフェに入る。

これらは本当に時間がないときなどには有効な支出ですが、日常的になってしまっているとお金が貯まらない原因になってしまいます。

また、これだけスマホを利用しているのだからスマホ料金が高いのは仕方がないと思ってしまい、スマホの料金プランの変更や格安SIMへの変更の検討もしたことがない方も多いのではないでしょうか。

スマホで時間を浪費しないために

スマホは手軽で便利な機器であるがゆえに、つい習慣的に情報を見に行ったり発信したりしてしまいます。

意識的にスマホの利用時間を少なくする工夫をしてみましょう。

(1) メール

企業などの広告や情報配信は配信停止手続きをしましょう。

メルマガも本当に必要なものだけにします。

長文の発信はパソコンからの方が速いと思いますのでパソコンとメールを同期するのもよいと思います。

(2) SNS

つきあいで見たり発信したりしているものが多くないでしょうか。

本当に必要なものだけに絞り、「あまりやらない人」と認識されることを目指すぐらいが疲れなくていいのかもしれません。

(3) ネットの閲覧

見出しにつられてついつい見てしまうことが多いと思います。

ランキング記事などはつい見たくなってしまいますが、それを知ったからといって何かに役立つということは少ないのではないでしょうか。

閲覧は信頼性の高いサイトで本当に興味がある記事等に絞りましょう

また閲覧、検索はパソコンの方が見やすく速いと思いますので家ではパソコンを利用してはいかがでしょうか。

(4) 動画

何かおもしろいものはないかと探していませんか。

よほど世間で話題になったり、教えてもらったりしたものだけを見るようにしてはいかがでしょうか。

スマホに取られていた時間を減らすことでお金の貯まる家計に変えられるかもしれません。

また、スマホの利用時間が減ったら月に7,000円前後の利用料を払うことが高いと感じると思いますので、料金プランの変更や格安SIMへの変更を検討することをお勧めします。(執筆者:犬山 忠宏)