脱「ご祝儀貧乏」 交際費を積立てて回避しよう

「ご祝儀貧乏」になってませんか?

大人になると、結婚祝いや出産祝い、新築祝いなど、ご祝儀を払う機会がけっこうありますよね。

交際範囲が広い人だと、毎月誰かの結婚式に行っている、なんていうことも……。

お祝いごとなのでケチケチするべきではありませんが、かと言ってきちんと管理せずにお金を出していると「ご祝儀貧乏」に陥ってしまいます

そこで、今回は交際費の管理と節約についてお話しいたします。

交際費は定額を積み立てるのがおすすめ!

お金にゆとりがある人にこそ多いのが、

「その都度ご祝儀を支出している」

というケース。

お祝いごとが重なったときには一気に家計が苦しくなりますよね。

もちろん、お金にゆとりが無い人だとさらに事態は深刻になります。

ご祝儀等を含む交際費は、毎月一定額を積み立てるようにしましょう。

積み立てたお金があればその中から交際費が出せますし、家計への影響がありません。

たとえお祝いごとが重なったとしても、積み立てたお金があれば、家計から出す分は少なくて済みますよ。

ご祝儀と言ってもいろいろあります

ご祝儀の中でも一番大きいのは結婚式です。3万円が相場だと言われていますし、親族が結婚する場合は5万、10万と包まなければならないこともあります。

でも、他にもいろいろとお祝いごとがあり、いつのまにか家計が苦しくなってしまうことも多いんです。

・出産祝い
・新築祝い(引越祝い)
・進学祝い
・快気祝い

他にも友達の誕生日祝いなどもありますね。

また、お中元やお歳暮も忘れてはいけません。

こうした交際費で、年間いくらぐらい使っているでしょうか

計算した上で、毎月の積立額を決めましょうね。

交際費の積立はいくらが妥当?

毎月積み立てる金額をいくらにすべきか、迷うところではないでしょうか。

交際費として積み立てるなら、わたしがおすすめするのは「1万円」です。

5,000円ぐらいだと年間6万円しか貯まりませんので、結婚式が2回あったらもう終わりです。

1万円ずつ積み立てて行けば年間12万円貯まりますので、家計に影響することも減るのではないでしょうか。

基本的に、積み立てるなら多めの金額がお勧めです。

少なめに積み立てた場合は足りなくなることが多く、家計から出さなくてはならない分が多くなります。

家計からの支出が増えるほど、月ごとの支出に波ができ、管理がしにくくなるというもの。

多めに積み立てていると家計への影響を最小限にできるため、毎月の支出が一定になりやすく、家計管理が楽になりますよ。

1万円を捻出する方法

毎月1万円の積立をしたくても、

「そんなゆとり無い」

という方もいらっしゃるでしょう。

生活費の無駄を再度チェック!

まず、生活費の無駄を見直すことは欠かせません。改めて家計をチェックしてみましょう。

先延ばしにしていた通信費の見直しや、電力自由化に伴う電気代の見直し、できていますか?

 参考記事:格安SIMで年間7万円節約する

「無いもの」と考えれば案外大丈夫

とりあえず先に1万円を毎月貯金してみて、残りのお金で生活するという方法もあります。

はじめから「1万円は無いもの」として扱うと、案外生活できたりもしますよね。

貯金のうち1万円を積立に

毎月一定額を貯金している方は、そのうち1万円を「交際用積立」にしてしまう方法もあります。

貯金があればご祝儀もそこから払えますが、貯金に「交際費」などの名前が付いていないと、安易に引き出してしまいがち

「新しいドレスも買おう」
「交通費もかかるから多めにおろしちゃおう」

と、必要以上に貯金を崩していないでしょうか

はじめから「交際費」として別枠で積み立てておけば、その範囲でお金をやりくりすればいいので、メインの貯金に手を付けなくて済みますよ。

油断は禁物! 予想以上の金額になることも

積立はいつまでも続くものではありません。ご祝儀やお祝いの中でも、もっともお金がかかるのは結婚式のご祝儀ですよね。ご祝儀を払う機会は、年齢や環境によっても変わっていきます。

ただ、

「もう仲の良い友達はだいたい結婚したし、積立は5千円でもいいかな」

と思っても油断は禁物!

親族の結婚式だと多めにご祝儀を包む風習があるところも多いですから、姪や甥の結婚式でお金がかかることもあります。

あくまでも1万円というのは目安。

自分の状況の変化に応じて、積立額も見直してくださいね。

交際費の中でも、ご祝儀などの支出は重なると家計への影響は大きくなりがち

普段から積み立てて、家計への影響を最小限にすることで、家計管理に振り回されにくくなりますよ。(執筆者:吉見 夏実)

この記事を書いた人

吉見 夏実 吉見 夏実»筆者の記事一覧 (375) http://manetatsu.com/author/nyoshimi/

1984年生まれ。お金を貯めるのは好きだが同様にお金を使うことも大好き。好きなものを買うために普段はムダ遣いを排除し、シンプルライフを徹底。専業主婦時代には食費月1万円を実践、年間貯蓄額200万円を継続中。お金の使い方やダイエットにも断捨離の考えを取り入れ、無駄なくかつ楽しく豊かに生活する方法を模索中。メディア掲載:日経WOMAN、週刊SPAなど
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ