古き良きアメリカを象徴する乗り物といえば、ハーレーダビッドソンのバイクではないでしょうか。

ルート66を疾走するハーレーを映画などで見ると、いかにもアメリカンな感じです。

日本でもハーレーが走っている姿をよく見かけますが、見かけるたびについ二度見してしまう、そんな魅力がハーレーにはあります。

日本でも非常に人気の高いハーレーだけに、何とハーレー専用の保険もあるのです。今回は、ハーレー専用の保険を紹介します。

ハーレー専用の「モーターサイクル保険」

まず紹介するのは、アクサ損害保険株式会社が提供しているハーレー専用のダイレクト型任意保険です。

基本的な補償が充実しているのは言うまでもありません。

対人:無制限
対物:無制限、2,000万円、1,000万円、500万円
自損事故:1,500万円
無保険車:2億円

ここに、

人身傷害補償特約:無制限、1億円~3,000万円
搭乗者傷害保険:1,000万円、500万円、300万円、200万円

のいずれかを付帯させます。

ロードサービスやレッカーサービス、宿泊、帰宅費用サービスなどのサポートも、24時間365日実施しています。

事故対応満足度は94.7%です。

その保険料にも驚かされますが、ハーレーなのに保険料は年間で1万7,680円です(新規で購入、初めて保険に加入する30歳、適用等級6E等級の場合)。

ここに搭乗中の人身補償3,000万円を付けたとしても、年間の保険料は3万5,410円です。

登場年数が長ければ、それだけ年間保険料もお得になります。保険料満足度が95.3%なのも納得ですね。

無題

≪画像元:http://www.axa-direct.co.jp/company/official_info/pr/2014/140811.html≫

ハーレー専用の「車両+盗難プロテクション」

憧れの的であるハーレーだけに、盗難される可能性はゼロではありません

盗難防止の策を講じるのはもちろんですが、それでも盗難などに遭ってしまった場合、ハーレー専用の「車両+盗難プロテクション」が守ってくれます。

交通事故による全損に対応の「車両全損特約」、半損に対応する「車両半損特約」、そしてハーレーの盗難に対応する「盗難特約」で構成されています。

この保険単独で加入することも可能ですし、保険金を支払っても保険の等級には影響しません

新車でも購入から年月が経過しても、購入金額を補償してくれるのもうれしいですね。

新車保険価額プランに契約をすると、年間の保険料は5万2,900円。30万円以上のアクセサリーパーツを装着していても、6万3,900円とリーズナブルです。

それでいて、全損時の特別一時見舞金が5万円給付されるなど、ちょっとした心遣いがうれしいです。(執筆者:角野 達仁)

≪最大8社≫バイク保険一括比較・見積もり!≪無料≫