10/15の最得決済

1位:三井住友カード 2位:JCB / 今日は年金支給日 / 4コマ漫画(3回目)

「家売るオンナ」は何を売る? 不動産の専門家も感心するドラマ

バリバリの不動産営業ウーマンの物語


≪画像元:http://www.ntv.co.jp/ieuru/≫

現在日本テレビのドラマで、北川景子さん主演によりバリバリの不動産営業ウーマンの物語が放送されています。

不動産ネタとしては

・ 芸能人が家を買う
・ 昔に買った土地が値下がりして今はこんな資産価値になっています

などのバラエティはよくありますが、不動産をテーマにしたドラマはめずらしいので気になって見ています。

第1話

両親とも医者の共働き夫婦で、大きな戸建住宅に住み替えを希望していましたが、子供との時間を作る重要性を説いて、勤務病院近くのファミリータイプをリフォームしたワンルームマンションに住み変替えさせました。

第2話

40歳を超える引きこもりの子供を持つ両親が、自宅を売却する際に子供が一生引きこもりを続けれるようなプランを考え、戸建を売却し、将来は収益物件として使えるマンションの2室に住み替えさせました。

全話に共通して見られる営業手法

共通しているのは

「戸建が買いたい」
「マンションが買いたい」

などの物件の希望は一応聞きますがそれは参考に留め、その人がどんな問題点があり、それを解決してどんなライフスタイルをおくりたいかを理解し、そのために不動産をどう住み替えるかをうまーく提案し、自分の売り上げにつなげている点です。

コメディタッチのドラマなので、北川景子さんは家を売るためには上司のいうことは聞かず、部下をシゴキまくりながら物語が展開していくなど現実にはコンプライアンスやらパワハラ問題でなかなかそうはいきませんが、営業トークや住み替えを考えている人に対する説明力には、なるほど~と感心させられます。

「家売るオンナ」は何を売る?

私も宅建の講師をしたときに、ほかの先生が

「不動産を売るのではなく、ライフスタイルを売るつもりで接客しましょう」

と言っていました。

不動産は金額としての大きさ以上にその購入者のライフスタイルを大きく左右するものであることを、このドラマはそれをうまく表現してくれているようです。

いい物件に出会うためにすること

今はネットなどでエリアや予算や戸建かマンションで選んで検索します。

これからは家族構成や趣味、引越してやりたいことなどのライフスタイルを入力すると、それを実現することが出来そうな不動産がヒットし、好みのアバターが説明してくれるようなサイトができると面白いのではないかと思いました。

また買い側の立場からは、ついつい駅からの距離や面積や予算などの数字的な条件から選びがちですが、自分がどうしたいかを固めてから選ぶことが、いい物件やいいセールスマンとの出会いに繋がるような気がします。(執筆者:田井 能久)

この記事を書いた人

田井 能久 田井 能久(たい よしひさ)»筆者の記事一覧 (58) http://www.valuation.co.jp/

株式会社 タイ・バリュエーション・サービシーズ 代表取締役/専任不動産鑑定士
1981年、日本不動産研究所入所。1985年、不動産鑑定士に登録。2004年、ハドソンジャパン株式会社入社。2006年、株式会社タイ・バリュエーション・サービシーズを設立。不動産の鑑定評価業務を中心に、相続に関する相談、不動産に関する事案について訴訟や調停に関しての相談、セミナー講師や海外不動産に関する業務など多岐にわたる内容に対応しています。
公益社団法人日本不動産士協会連合会会員、在日米国商工会議所(ACCJ)会員
名古屋地方裁判所民事調停委員、愛知大学非常勤講師
<保有資格>:不動産鑑定士
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう