クレジットカードを使うメリットの一つに、ポイントがあります。

カードを利用するたびにポイントが貯まり、貯まったポイントを素敵な商品に交換する、確かに魅力的です。しかし、ほしい商品に必要なポイントが貯まらない、ポイント交換の手続きが面倒くさいと考えている方がいるのもまた事実。

今回は、そんなわずらわしさを一切排除したカード、P-oneカード≪Standard≫を紹介します。

≪画像元:http://www.pocketcard.co.jp/≫

自動的に1%オフ!

面倒な手続きが不要

P-oneカード<Standard>を語る上で忘れてはいけないのが、自動的に1%オフになる特典です。クレジットカードを普通に利用して、請求書を見ると自動的に1%割り引かれています

ポイントが貯まるクレジットカードでは、自分でポイント交換の手続きをしなければならず、面倒くさがりの人はつい後回しにしがちです。

しかし、P-oneカード<Standard>は特別な手続きをすることなく、知らないうちに1%オフしてくれますので、手間いらずです。

失効の心配もなし

多くのクレジットカードのポイントプログラムには、ポイントに有効期限を設けています。ほしい商品まであと少しなのに、ポイントが失効してしまって手が届かない、そんなことはありませんか?

P-oneカード<Standard>ならば、カードを利用してその翌月に請求書が来たタイミングで、もう特典を利用していることに。ポイント失効の心配をする必要がありません。

あらゆるカード利用が1%オフの対象に

P-oneカード<Standard>は、サンリブ、マルショク、ポケットカードトラベルセンター、電子マネーチャージ、金券類、生損保等の各種保険料、ETCカード利用分、キャッシング利用分、その他一部取引は1%オフの対象外ですが、それ以外はどんな利用も自動的に1%オフになります。

水道光熱費や電話料金、国民年金の保険料まで1%オフになり、しかも上限金額がありませんので、使えば使うほど1%オフになる金額も増えるわけです

ショッピングモール経由でポイントが貯まる

1%オフだけでもかなりのメリットですが、P-oneカード<Standard>はポイントも貯まります。

ただし、通常のカード利用ではポイントは貯まらず、対象となるのは「P-oneモール」というショッピングモールを経由しで買い物をした場合のみです。以下のようなお店が入っており、ポイントが貯まります。

・ 楽天市場:1,000円→3ポイント
・ Yahoo!ショッピング:1,000円→4ポイント
・ セブンネットショッピング:1,000円→8ポイント
・ 大丸松坂屋:1,000円→6ポイント

ポイントの有効期限は2年間で、以下のような商品と交換できます

・ ファミリーマートお買い物券:150ポイント→300円分
・ 各種ポイント:300ポケットポイント→900ポイント分
・ キャッシュバック:300ポイント→900円分

使い勝手の良いポイントが並んでおり、最小交換単位も150ポイントからと、2年間で貯められないポイントではありません。あくまでもメインは1%オフですが、おまけとしては十分です。

十分すぎるキャッシング枠

年会費無料のクレジットカードだと、ショッピング枠だけでキャッシング枠がついていないことも少なくありません。

急にお金が必要になった時にキャッシング枠があると頼もしいですが、P-oneカード<Standard>には最高で150万円のキャッシング枠をつけることができます。

国内利用分は一括、海外利用分はリボ払いとなり、実質年率は14.95%~17.95%ですので、使い過ぎには注意しましょう

何もしなくても自動的に1%オフになるのは、面倒くさがりの人にはぴったりのカードです。また、シンプルに1%オフというのは非常に分かりやすいですね。(執筆者:角野 達仁)