「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ!」のあいさつを聞くとホッとする、そんな人も少なくないでしょう。

今やファミリーレストランとして有名ですが、アメリカのドーナッツ屋さん「ダニーズ・ドーナッツ・ショップ」から始まったのは、あまり知られていません。

200円ちょっとでトーストとゆで卵、おかわり自由のコーヒーがつくコスパの高いモーニングメニュー、会員サイト「デニモバクラブ」に登録するとゲットできる割引クーポンなど、少しでもお得になりたい人にはたまらないレストランです。

もちろん、支払い方法によってもお得の度合いが違うのですが、今回はデニーズでどんな支払い方法をすればお得かを見ていきましょう。

デニーズで可能な支払い方法

デニーズで支払い可能な方法は、以下のようになっております。

・ 現金
・ クレジットカード(VISA、マスター、JCB、ダイナース、アメックス)
・ デビットカード
・ 電子マネー(nanaco、au WALLET)
・ シェフグルメカード
・ QUOカード
・ セブン&アイ共通商品券
・ クレジットカード会社発行のギフトカード

クレジットカードでの支払いなら「セブンカードプラス」


≪画像元:http://www.7card.co.jp/≫

この中で、クレジットカードで直接支払いをするならば、「セブンカードプラス」がいいでしょう。セブンカードプラスの基本スペックは、以下のようになっています。

【年会費】:初年度無料、翌年度以降500円(ショッピング5万円以上で翌年度年会費が無料)
【カード種類】:nanaco一体型、nanaco紐づけ型
【国際ブランド】:VISA、JCB

セブンカードは、200円ごとに1nanacoポイントが貯まり、貯まったnanacoポイントは、1ポイント=1円でお買い物に利用できます。

デニーズはセブン&アイグループのお店で、セブンカードプラスはセブン&アイグループの対象店でカード払いすると、200円=3nanacoポイントと、還元率が一気に1.5%にまでアップするのです

nanaco払いにはリクルートカードプラス

クレジットカード以外に、電子マネーnanacoでの支払いも可能で、この場合もセブンカードプラスが役に立ちます。

・ セブンカードプラスでnanacoにチャージ→200円=1nanacoポイント
・ チャージしたnanacoでお支払い→税別100円=1nanacoポイント
・ 200円分利用→3nanacoポイント

となり、ポイント還元率は1.5%となります。

しかし、それ以上にポイント還元率が高いのが「リクルートカード」です。


≪画像元:http://recruit-card.jp/≫

・ リクルートカードでnanacoにチャージ→リクルートポイント還元率1.2%
・ チャージしたnanacoでお支払い→税別100円=1nanacoポイント(還元率1%)
・ 合計還元率→2.2%

となり、ポイントは分散するものの還元率はセブンカードプラスを上回ります。

QUOカード払いの際もリクルートカードで


≪画像元:http://www.quocard.com/≫

デニーズは、QUOカードでも支払いが可能です。QUOカードの購入は、原則現金で行います。しかし、セブンイレブンに限っては、nanacoでの購入も可能です

つまり、QUOカードはセブンイレブンでnanaco払いをするのです。もちろん、nanacoにチャージするカードはリクルートカードで、リクルートポイントが1.2%還元されます


≪画像元:http://www.nanaco-net.jp/≫

しかも、QUOカードは1万円で1万180円分利用できるので、QUOカードを購入するだけでも1.8%還元で、合計3%。

残念ながら、チャージしたnanacoでお支払いしてもらえる、還元率1%のnanacoポイントはQUOカード購入ではもらえませんが、それでも実質3%の還元率です。

いかがでしょうか?

ポイントをできるだけ集約するなら、セブンカードプラスでカード払い、少ない手間で高還元率を狙うならリクルートカードでチャージしたnanacoで支払いです。

そしてより高還元を目指すならリクルートカードでチャージしたnanacoでQUOカードを購入、QUOカードで支払い

デニーズでよりお得になるならば、以上のような方法を実践してみましょう。(執筆者:角野 達仁)

リクルートカード申し込みはこちら