障害年金

国民年金や厚生年金保険には、一定の障害状態になった場合に支給される障害年金」があります。

この障害年金は原則として障害の原因となった病気やケガで初めて医師の診察を受けた日(「初診日」といいます。)に加入していた年金制度から支給されます。

しかし年金制度に加入されるのは、20歳からとなります。20歳前に障害状態になった場合についてピックアップしてみましょう。

20歳前における傷病による障害

障害基礎年金」は、原則として20歳以上の一定の障害状態になった場合に年金制度加入者に支給されます。しかし20歳前に初診日がある場合であっても「障害基礎年金」の対象となります。

支給要件

20歳前に初診日がある場合

・障害認定日以後に20歳になったとき → 「20歳になったとき」
・障害認定日が20歳になった後であるとき → 「その障害認定日」

において、一定の障害等級に該当する障害の程度のあるときは、「障害基礎年金」は支給されます。なお、障害認定日とは、初診日から1年6か月がたったときとなります。

20歳前傷病による「障害基礎年金」の支給停止される場合

この20歳前の「障害基礎年金」は、本人が日本国内に住所を有しなかったり、本人の前年所得が一定額を超えると、障害基礎年金の半額又は全額が支給停止されることになります。

一般的な障害基礎年金の支給停止事由より厳しくなっています。

18歳から厚生年金保険に加入している場合の「障害年金」

今までは、20歳前に国民年金と厚生年金保険に加入していない場合の事例でしたが、18歳から社会人になり厚生年金保険に加入されている方もいると思います。

その場合、厚生年金保険に加入中に初診日があり障害認定日を迎えた場合は、厚生年金保険より「障害厚生年金」が支給されることになります。

このように、若くして障害状態となった場合でも、国民年金や厚生年金保険から障害年金が支給されることがあります。(執筆者:社会保険労務士 高橋 豊)