クレジットカードで貯まったポイント、どう活用していますか?

かつては、カード会社が用意した各種商品と交換するのが一般的でしたが、現在ではギフト券や他社ポイントへの移行が主流となっています。

もちろんそれでもいいのですが、最近ユニークなポイント交換先が登場して話題となっています。

≪画像元:セゾンカード

クレディセゾンの永久不滅ポイントを投資信託で運用!

それは、クレディセゾンの「永久不滅ポイント」です。

永久不滅ポイントと言えば、ポイントの有効期限がないことで有名となっており、ポイントをたっぷり気長に貯められます。

これまで、クレディセゾンの永久不滅ポイントの交換先としては、以下のようなものがありました。

以上の交換先もかなり魅力的ですが、最近これに加えて「ポイント運用サービス」が始まりました。

永久不滅100ポイントから投資可能で、永久不滅ポイントは1ポイント=5円相当の価値がありますので、つまり500円相当から投資ができるようになっています。

「投資」と言うとまとまったお金が必要なイメージがありますが、500円相当の超小口から投資をすることができるのです。

1回の手続きの上限は999万9,999ポイントですが、複数回に分ければ1,000万ポイント以上の投資もできると記載されています。

どこが運用するの?

どこの会社が運用するのかによって、運用しているポイントの増減にかかわってきます。

永久不滅のポイント運用に申し込むと、クレディセゾンのグループ会社で「マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社」が運用する投資信託の運用状況と連動して、永久不滅ポイントが増減します。

運用中のポイントは平日の19時ごろに更新されます。

運用コースは、以下の2種類から選べます。

アクティブコース(年間15%程度)

外国株式や外国債券を中心任用して、より積極的にプラスを狙うコース。

バランスコース(年間3%程度)

国内債券を中心に安定的な運用を目指すコース。

ちなみに、2016年6月17日~2016年12月9日の運用実績は、以下のグラフのようになっています。


≪画像元:セゾンカード運用サービスとは

バランスコースは運用実績0%程度を行ったり来たりしております。ということは、一部元本割れも…

アクティブコースは7%~-4%程度と、かなり乱高下が激しい印象です

利用方法は?

ではこの「ポイント運用」、どのようにして行うのでしょうか?

(1) 会員サイト「Netアンサー」からポイント運用サービスを選択

(2) 運用コースと運用するポイント数を選択

(3) 「ポイント運用ホーム」でポイントの運用結果、増減を確認

以上のような手順で、ポイントの運用を行ないますが、追加で運用したい場合には「ポイント運用ホーム」から追加運用することもできます

そして、運用している永久不滅ポイントを取り出すことも、「ポイント運用ホーム」から可能です。

1ポイント単位で取り出すポイントを選択できますし、一部時間帯(毎月6日23時半~7日0時半、毎月13日23時~17日8時、システムメンテナンス中)を除いては自分の好きなタイミングで取り出すことができます。

注意点は?

当然ですが、この投資には元本保証がありませんので、元本割れする可能性も十分にあります

しかし、永久不滅ポイントはカード利用で貯まったポイントであり、ポイント自体にお金を払っているわけではありません

よって、ポイントが元本割れをしたとしても、現金をつぎ込むよりは精神的なダメージが少ないでしょう。

投資には興味があるがよく分からない、そんな方に対する投資の入口として、「ポイント運用サービス」はいいかもしれません。(執筆者:角野 達仁)

セゾンカードインターナショナルを作る(公式HPへ)