2016/12/26    月

米国では大きな材料はなく債券は上昇。株式はSP500は低下してダウは上昇。

欧州では、ドイチェバンク、クレディスイスなどがモーゲージ関連で米当局の査察を受けていたがペナルティが確定し株価上昇。

イタリアのモンテ・ディ・パスチは取引停止中だが銀行株が上昇。

2016/12/27    火

欧米市場は休日。日本市場では円高により株価下落。中国市場では当初値を下げたが政府が1.8兆元の高速道路と水路投資を表明し幾分持ち直す。

2016/12/28    水

米国市場では通常より50%以上取引が少なかったが、消費者信頼感指数が15年来で最高水準に上昇し、株価指数はほぼ史上最高値の水準にまで上昇。

債券は2年物のオークションの需要が少なくイールド上昇。原油価格も上昇。

2016/12/29    木

市場では通常の3分の2ほどの取引。借入金利の上昇により住宅先行指数が低下したことから不動産関連が大きく軟化。

ダウは19900割れとなりSP500も大きく軟化。国債については5年物のオークションが堅調。ドルはここ10年で最高値水準に上昇。

2016/12/30    金

米国市場では公益株が堅調となったが、金融株が軟化して全体としては横ばい。

欧州市場では資源株が軟化したほか、クレディスイスが米当局から債券販売で査察を受け下落。BNPパリバも発行者となっていたことから軟化。イタリアのモンテ・ディ・パスチが再び取引停止でイタリアの銀行株が軟化

img18-Dec2016
img17-Dec2016

(執筆者:杉山 明)