昨年の暮れに文藝春秋社から「生き返るマンション、死ぬマンション」という新書を出しました。

中古マンションが600万件以上と膨大に膨れ上がっている中で、マンションの資産価値が急落。

住宅ローンだけを抱えて立ち往生している人数たくさんいます。そういう人たちに希望はないのだろうかということを模索し、徹底的に取材した本です。

その中で、築41年の普通の人が住む普通のマンションなのに、なんと資産価値が上がり続けているというマンションに遭遇しました。

これについては、いずれ詳しく書きたいと思いますが、もし本屋で見かけたら、手に取ってみてください。