今年こそ、お金を貯めるぞ!

なんて意気込んでいらっしゃる方は多いのでは?

ところが意気込みとは裏腹に、何からしたらいいんだろう? と思っておられる方も多いと思います。

まず一番にして欲しいこと

手持ち資産の現状把握をする

意味がわかりづらいかもしれませんが、方法はいたってシンプルです。

・すべての手持ち通帳の記帳をすませ、手元に持ってきます(家族の分も含めて)

・保険証券を手元に持ってきます(家族の分も含めて)

・有価証券を手元に持ってきます(家族の分も含めて)

・固定資産税の納税通知書を手元に持ってきます(複数の物件をお持ちの場合はすべて)

・「平成28年12月31日現在」の状況ということで、一覧表にまとめます

たったこれだけです。

どの金額を一覧表にまとめるの?

通帳

平成28年12月31日現在の残高

・ 銀行ごと

・ 預金の種類ごと

定期預金や定期積立金については、利息分もあると思いますが、そこは気にせずに、まとめてください。

保険証券

解約返戻金の金額

(解約返戻金のないものは0(ゼロ)円)で、記入してください。

・ 契約者ごと

・ 保険会社ごと

・ 保険の種類ごと

保険の種類が分からなければ、書かなくても良いです。

有価証券

平成28年12月31日現在の残高

・ 証券会社ごと

・ 商品ごと

固定資産税の納税通知書

固定資産税課税標準額

・ 住所ごと

・ 土地ごと

・ 家屋ごと

ローンがある場合

住宅ローンや自動車ローン等がある方は、

・ ローンごとにその残高を「マイナス」で記入

どうですか。難しいですか?

これで、ざっくりの現状把握となります。

これを毎年あるいは半年ないしは3か月に1度行うだけで把握ができます。

何が把握できるのですか?

・ プラスの財産とマイナスの財産の増減

・ プラスの財産とマイナスの財産の差 → 純資産の把握

これらを把握することで、お金を貯めるぞ、と意気込んだ第一歩である「現状把握」の完成です。

継続して現状把握を続けることで、お金を貯める体質に変わっていきます。そして、さらなるステージへ!(執筆者:秋口 千佳)