お米などの炭水化物を制限する糖質制限ダイエット」。

TVなどに取り上げられることも多いため、挑戦してみたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者も糖質制限を行っていますが、主食の代わりに肉や魚、乳製品などを多く摂ることになるため、食費が上がりがちになります

そこで、なるべく食費をおさえるために、お手頃価格で糖質制限ダイエットができる食材を集めてみました!

鶏むね肉・鶏もも肉

糖質制限ダイエットでは、肉類は多めに摂取してもOKとなっています

主食がなくても十分な量のお肉があれば満足感が高まるため、お肉にかかるお金を減らすことができると、糖質制限ダイエットはぐっと継続しやすくなります。

お肉の中でも比較的値段が手ごろなのが、鶏むね肉や鶏もも肉。100gあたり70円~100円程度で購入可能です。

鶏むね肉は鶏もも肉よりも安く手に入ることが多いですが、調理後のパサついた感じが苦手という方もいらっしゃるかもしれません。

お肉をカットしたあと、醤油や酒にしばらく漬け込んだり、薄く片栗粉をまぶしつけてから調理をしたりすると、口当たりがなめらかになっておいしいですよ

鶏もも肉は、ほどよい油分があり、野菜と炒めてよし、唐揚げにしても良し、スープにして良し、蒸して良しの万能選手。

筆者は業務用スーパーで大量に購入し、小分けにパックして冷凍庫に常にストックしています

豚ひき肉

豚ひき肉も、100gあたり100円前後で購入できる手頃な価格のお肉です。

筆者はよく豚ひき肉と豆腐を混ぜて、豆腐ハンバーグを作ります

豚ひき肉・豆腐・卵・マヨネーズ・味噌を、毎回適当に混ぜて焼いているだけですが、柔らかくて食べやすく、子どもたちにも好評です。

きのこ類

天候に価格が左右されにくいきのこ類は、どれも1パック100円前後で提供されていることが多く、節約糖質制限ダイエット向きの食材です。

しめじ、マッシュルーム、まいたけ、えのきなど、きのこにもいろいろと種類がありますが、100gあたりの糖質はどれも1g~4g前後と少なく、食物繊維も豊富なので、ダイエット中も積極的に食べたい食材です。

きのこ類は冷凍すると旨味成分がアップし、よりおいしく頂けます

安い時に買いだめをして、石づきを除いて、使いやすい大きさに切る(手で裂く)か、もしくはそのままフリーザーバッグなどに入れて冷凍しましょう。

使う時は凍ったまま調理可能なので、使い勝手も抜群です!

豆腐

1パック50円~100円ほどで買える豆腐。

そのまま冷ややっこなどで頂く・味噌汁の具にする・水切りをして豆腐ステーキにするなど調理法も多彩で、わが家ではほぼ毎日頂いています。

木綿豆腐を水切りして使うと弾力感が出て、肉料理のかさ増しに役立ちます

水切りは、豆腐をキッチンペーパー2枚で包み、レンジでラップをかけずに3分ほど加熱するだけでできるので、手間もそれほどかかりません。

また高野豆腐は保存がきく上、唐揚げにすると絶品です

水で戻した高野豆腐をよく絞り、手で一口大にちぎったあと、水で溶いた唐揚げ粉をしっかりともみこみます。

あとは普通の唐揚げのように油で揚げていくだけです。鶏肉よりはるかに安い値段で、ボリューミーな一品が作れますよ。

10個入りで200円前後が相場ですが、セールの目玉品になって100円ほどになることもあります。

卵の賞味期限は「安心して生で食べられる期限」なので、この期限を過ぎてもしっかり加熱をすれば食べることができます(賞味期限から10日前後までに食べきることをオススメします)。

生食でなければ意外と保存がきくので、筆者はセール時に2パックまとめ買いをして、卵焼きやゆで卵、料理のつなぎなどに活用しています。

また、筆者はゆで卵を毎朝まとめて数個作っておき、小腹がすいた時にオヤツ代わりに食べています。

マヨネーズで頂くのもおいしいですが、岩塩とハーブがミックスされたクレイジーソルトで頂くのも、淡泊な卵の味にメリハリが出るのでオススメです。

身近にある節約食材で賢く糖質制限ダイエットを!

糖質制限ダイエットを始めた当初は、糖質ゼロ麺やブランパンなど「糖質制限用の食材」を買っていましたが、味もあまりおいしいわけではなく、食費も高くなってしまいました。

スーパーで普通に売っている手頃な価格の食材でも、糖質制限は続けられます。

筆者は上述した食材を中心に献立を組み立てていますが、今は出来合いの総菜やお菓子などを買わなくなった分、食費は糖質制限ダイエットを始める前よりも1~2割ほど安くなりました。

糖質制限は、本来「いつも食べている主食(糖質)を制限する」というシンプルなダイエット法です

その分の空腹感を埋めたい時は、比較的安く、手に入りやすいこれらの食材を、上手に活用してみてくださいね。(執筆者:青海 光)