2017/3/20    月

Fedの利上げとオランダの選挙の後、値動きの要因の少ない市場となり、ボラティリティー指数が低下。

米国ではFedの利上げ見通しが緩やかなことを受け引き続きイールド低下。銀行株が軟化してSP500は少し値を下げる。

欧州では引き続き株式指数が上昇。

2017/3/22    水

米国で木曜日に投票されるオバマケアの廃止案が成立しなければトランプ政権の減税・景気刺激策に影響を及ぼすという政治的なリスクが欧米市場の株価を引き下げた。

国債のイールドが低下し、米国の銀行株は2.6%と大きく値下がり。欧州ではフランスの大統領選で極右勢力が後退し銀行株は大きく値を上げる。

2017/3/23    木

市場では引き続きトランプ政権が減税・景気浮揚策を採れるのか注目が集まり、円や金などの安全資産に資金は避難。

イールドが低下し欧米市場では引き続き銀行株が弱い。オランダINGは当局の検査が入り大幅安。米国ではテクノロジー株が強く、市場全体は幾分上昇。

2017/3/24    金

米国でヘルスケア関連法案の投票を延期したことから株式市場にマイナスの影響。

銀行株は上昇したが、グーグルは値を下げ、テクノロジー株全体も軟化。米ドルは横ばいであったが、国債と金も値を下げる。

img13-Mar2017

以上です。(執筆者:杉山 明)