2017/5/15    月

米国では4月の小売販売が上昇したが、消費者物価も0.2%上昇し、ここ1年で見れば消費者物価は2.2%上昇したことになる。

四半期の業績が芳しくなかったJ.C.PennyやNordstromなどのデパート関連が大きく値を下げた。

2017/5/16    火 

ロシアとサウジアラビアが原油の生産調整で合意し原油価格が上昇。米ドルは値を下げ、資源関連株が値を上げる。

SP500もNASDAQも史上最高値を更新。素材、建築関連が堅調。生産者の信頼感指数も上昇。

2017/5/17    水

SP500は日中史上最高値を付けたがその後値を下げた。

一方、AMD Micro Divicesが12%値を上げ、テクノロジー株は上昇してNASDAQは上昇。イールドが低下して金は上昇。

欧州では銀行や製薬株が値を下げたが、全体としてはほぼ横ばいの動き

2017/5/18    木

トランプ大統領がFBIのコミー長官を罷免したことから市場は大きく影響を受け欧米株式市場は軟化。

米国では10年国債のイールドが2.22%にまで低下し、金が上昇、米ドルは対円、対ユーロで大きく値を下げる。株式市場では銀行株の下落が最大。

欧州市場でも影響を受け銀行株を中心に株値下がり。フランスではグリーンアクティビストが環境エネルギー相に任命され、EDF株が大きく値下がり。

2017/5/19    金

米国では政治的な混乱はありVIX指数は高いものの中東部地区の製造業指数が予想外に好調で株式、米ドルともにリバウンド。

通信、テクノロジー、消費財などが堅調。ブラジルではTemer大統領が贈収賄で訴えられ株式市場は8.8%の下落。

欧州市場でもブラジルへの輸出が大きいCasino、テレフォニカ、テレコムイタリアなどが値を下げ市場全体も下落

img7-May2017

img8-May2017

以上です。(執筆者:杉山 明)