2017/6/26    月

原油価格が引き続き値を下げたままで米ドルも下落。

米国株式市場では、エネルギー関連株の下落をテクノロジー、ヘルスケア関連株が支える状態。ラッセル2000は銘柄を一部入れ替えて上昇。

欧州では、米ドルの下落とエネルギー関連株の軟化が英国の大型株を直撃。Breixtの交渉開始とともに、EU圏の競合銘柄より大きく値を下げる傾向がある。

2017/6/27    火

米国では耐久財受注が予想以下となり金利が下がり債権が上昇。テクノロジー株が値下がりしNASDAQは下落。

欧州市場では問題になっていたイタリアの地方銀行に公的資金が投入されイタリアの銀行株が上昇。ドイツでは景況指数が予想外に上昇。

2017/6/28    水

米国ではヘルスケア関連の法案の投票が延期されテクノロジー関連株が下落。IMFは米国の政治的な不透明さから成長率予想を引き下げた。

イエレン議長は利上げの見通しを変えずイールドが上昇し、国債は下落、金融株は上昇。NASDAQは1.7%の下落と大きく値を下げる。SP500も値下がり。

欧州ではECBのドラギ総裁のコメントが9月にも緩和策から引き締めに移行すると取られ、イールド上昇、株式市場では公益株を中心に値下がり。

2017/6/29    木

ECB幹部が昨日のドラギ総裁のメッセージは市場に間違って伝わっているとコメント。ユーロは対ドルで上昇。イングランド銀行のカーニー総裁は英国経済が堅調であると説明。

米国ではテクノロジー株がリバウンドしてNASDAQは大きく上昇。銀行株もイールドともに上昇。

欧州でもBankia,Unicreditなどの銀行株が大きく上昇。

2017/6/30    金

ECBとBOEがともに金融引き締め策に転ずるとみられ、イールド上昇。ユーロと英ポンドも値を上げる。

欧州では金利感応株である公益株が値を下げ、米国ではグロース株からばるー株へのシフトでテクノロジー株が軟調。GS、JPモルガン、HSBCなどの大手銀行株は堅調。

img17-Jun2017

以上です。(執筆者:杉山 明)