毎月3万円のおこづかいも夢じゃない 低リスクで上手にFXをするなら、スワップ狙いがお勧め!

array(12) {
  [0]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/09/144373/"
    ["title"]=>
    string(120) "「トルコショック」は再び起こるのか? 底値模索中の「トルコリラ」に暗雲立ち込める"
    ["img"]=>
    string(354) "トルコショックは再び起こる"
  }
  [1]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/08/141848/"
    ["title"]=>
    string(132) "熾烈な攻防が続くトルコリラは復活できるのか? アメリカを提訴したトルコ政府の動きに注視。"
    ["img"]=>
    string(348) "トルコがアメリカを提訴"
  }
  [2]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/08/140335/"
    ["title"]=>
    string(130) "トルコリラ急落から考える「大損する人に共通している心理」 大損しないための2つの「教訓」"
    ["img"]=>
    string(327) "トルコリラ大暴落"
  }
  [3]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/08/140299/"
    ["title"]=>
    string(123) "「トランプショック」でトルコリラ急落 デフォルトすれば世界経済への新たな不安要因に"
    ["img"]=>
    string(308) ""
  }
  [4]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/07/137744/"
    ["title"]=>
    string(123) "トルコリラを巡る、熾烈な戦いから目が離せない 「17.75%の高金利」を手中にできるのか?"
    ["img"]=>
    string(339) "トルコリラが熱い"
  }
  [5]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/07/133489/"
    ["title"]=>
    string(161) "今はトルコリラに投資して、高金利と為替差益をダブルで取る大きなチャンス 年率15%のスワップポイントを見逃すな"
    ["img"]=>
    string(366) "高金利「トルコリラ」に投資する方法"
  }
  [6]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/02/115337/"
    ["title"]=>
    string(119) "「FX」は外貨預金より手数料も低くてオトク! スプレッド・スワップポイントって何?"
    ["img"]=>
    string(317) ""
  }
  [7]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(36) "https://manetatsu.com/2017/03/87644/"
    ["title"]=>
    string(147) "【投資の自動化】豪ドルスワップ投資 vs AIロボアドバイザ―投資 どっちが効率良く稼げるのかやってみた。"
    ["img"]=>
    string(315) ""
  }
  [8]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(36) "https://manetatsu.com/2017/02/86492/"
    ["title"]=>
    string(88) "「FXで稼ぐことは悪いこと?」 FXが世界経済に貢献している理由"
    ["img"]=>
    string(315) ""
  }
  [9]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(36) "https://manetatsu.com/2017/02/85942/"
    ["title"]=>
    string(101) "今、FXの通貨ペア選びで推奨するのは「ポンド」 その理由を解説します。"
    ["img"]=>
    string(315) ""
  }
  [10]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(36) "https://manetatsu.com/2017/02/84119/"
    ["title"]=>
    string(62) "FXにおける割高、割安の概念、基本的な考え方"
    ["img"]=>
    string(315) ""
  }
  [11]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(36) "https://manetatsu.com/2017/02/84204/"
    ["title"]=>
    string(107) "FXで一番稼げるのは持ち合いだった ~持ち合いを攻略して「ドル箱」ゲット!"
    ["img"]=>
    string(315) ""
  }
}

FXは危険と拒絶している人は、損している


銀行に預けても利息の付かない時代。定期預金でも、0.01%がザラ。100万円入れても100円の利息。

1年や3年といった期間お金を固定してしまう上に、これだけしか利息が付きません。

しかし、FXなら同じ100万円という資金をもとに、月3万円の金利収入を得ることも難しいことではありません。

FXは外国為替証拠金取引のことで、投資というより投機商品として知られているため、「FX=危険」と刷り込まれている方も多いことでしょう。

しかし、FXにはお金の増える可能性があります。ただ「危険」と思っていると、損するかもしれませんよ。

FXの収入は2種類


FXでの収入は2種類あります。

(1) 売買の差額で得る為替差益
(2) 金利の差で得るスワップ金利

そして、レバレッジが効くという点がFX最大の特徴です。

普通ならUSD(米ドル)が1$=120円のときに1万通貨買うのに必要な資金は、

120円×10000=120万円

です。

FXではレバレッジが効くので、その1/25の資金(4万8000円)で済みます。

この必要となる最小限のお金を、必要証拠金と言います。

元手となるお金は1/25ですが、為替差益もスワップ金利も、しっかり1万通貨分受け取ることができるのですから、ありがたいことです。

今回お勧めするのは、②スワップ金利です。

使い方によっては安全な固定収入となる


銀行の定期預金に預けようとしていた100万円のお金で、スワップ金利の高い通貨を買ってみましょう。

高金利通貨と聞くとオーストラリアドル(AUD/JPY)だと思われますが、実はそれ以上の通貨が存在します。

トルコリラ(TRY/JPY)や南アフリカランド(ZAR/JPY)です。

AUD/JPYに比べてTRY/JPYやZAR/JPYは元のレートが低いので、同じ原資でより多くの通貨をトレードすることができます。

たくさん買えば、その分金利収入も増えます。

例えば、AUD/JPYは2017年7月現在85円から88円、TRY/JPYは31円~32円で推移しています。

TRY/JPYは証拠金が少なくて済むので、同じ原資でAUD/JPY よりも2.5倍の量を取引することができます。

TRY/JPYで得られるスワップ金利は取引する会社にもよりますが2017年6月現在、1万通貨で1日約85円です。これを12万通貨買ったとします。

85円×12万通貨×30日=3万600円

これが、1か月のスワップ金利です。

スワップ金利は、寝ていても入る確実な収入です。購入時と週に1度くらいレートチェックをしておけば、あとはほったらかしで大丈夫。

定期預金に寝かせておいても1年で100円の利息しか付かないことを考えると、その違いは言うまでもありません。

FXは購入時よりもレート下がればスワップ金利よりも為替差損が出ることになりますので、どのレートでどれだけ仕込むかというリスク管理が必要です。

しかし、最初から「FXは危険」と拒絶するのではなくて、リスクを踏まえた上で上手に活用すれば、毎月自動的に3万円のおこづかいを手に入れることが可能なのです。

あなたはどうしますか?
トライしてみる?
それとも、まだ拒絶しますか?

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 (319) http://manetatsu.com/contact/

読者の皆さまのマネースキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ