先週の市況をダイジェストで振り返る(9月第3週)

2017/9/11 月

メキシコは地震の影響でペソ・株式ともに下落。米国ではハリケーンの影響でWTIが下落。産業用金属も値を下げる。株式市場はまちまち。

欧州では、ECBが理事会で緩和策の縮小が必要と合意したと報じられ銀行株が値を上げる。

2017/9/12 火

週末に北朝鮮がミサイルを発射しなかったこと、ハリケーンイルマが予想以下の被害に落ち着きそうであることから欧米市場は急上昇。

米国ではSP500は史上最高値を更新し、JPモルガンやトラベラーズといった金融株が強い。

新iPhoneの発表を前にアップルも上昇。欧州では、ハノーバーリー、ミューニックリーなど再保険を中心に値を上げ、サンタンデールなどの銀行株も堅調。

2017/9/13 水

市場の推進力は前日と同じでおとなしくしている北朝鮮と予想ほどの被害が出なかったハリケーンイルマ。

米国ではSP500、DOW、NASDAQがともに史上最高値を更新。アップルはiPhoneの新商品をお披露目し、サプライヤーともども軟化。

欧州でも5週間ぶりの高値となり、保険を中心とした金融株が堅調であったのは前日と同じ構造。

フォルクスワーゲンがゼロ排気車の開発に200億ユーロを投じると報じられ株価は大きく上昇。

2017/9/14 木

ダウとSP500は史上最高値を更新。CPIの数値が高いことが予想されFedの利上げにつながるとの憶測から米ドルが上昇。需

要の伸びた原油も値を上げる。アップルの新型iPhoneの販売予想は予想以下でアップルのサプライヤーの株価が欧米市場で軟化。

また、欧州ではアップルウォッチの影響で時計が売れなくなるとして時計メーカーの株価が軟化。

2017/9/15 金

米国では8月のCPIが予想以上に上昇しイールドが上がり債券は値下がり。

イングランド銀行が金利を据え置いたものの、将来の緩和策の規模縮小を示唆し英ポンドは上昇。英国市場のFTSEは値を下げる。

原油価格の値上がりなどもあり、欧州市場は5週間来の高値。中国では、7月の小売り、工業生産、設備投資などの経済活動が鈍化。

(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明»筆者の記事一覧 (116) http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)
【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ