メルカリは、簡単に不用品をお小遣いに変えることができるフリマアプリとして人気がありますが、その反面「商品購入したのに、いつまでたっても届かない」などといったトラブルが起きることがあります。

今回は、実際にメルカリで商品を購入時にトラブルが起きた時の対処法を紹介させていただきます。

≪画像元:メルカリ

1. 商品を購入する前に、事前メッセージを送る

メルカリユーザーは、登録者が必ずしも常にアクティブなユーザーとは限りません。

商品登録だけしてあるものの、そのままアプリを消してしまったユーザーや長い事使用していないユーザーも多数います。

欲しい商品があれば、購入前に事前メッセージを送り返事が来てから購入するようにしましょう

2. 購入後は、届くまで受取評価をしない

もし、相手から「急いでいるので、まず先に受取評価をしてください」と言われても絶対に商品が届くまで受取評価をしないでください

一度でも受取評価をしてしまうと、メルカリは購入者に商品が届いたと認識してしまいます。

商品が届いていないのに受取評価してしまうと、いくらメルカリ運営に苦情を伝えても運営側が対処する事が出来なくなります

必ず、商品が届いてから受け取り評価してください。

もし、受取評価をしていない状態で取引期日が過ぎており、出品者に何度問い合わせをしても何の返事もない場合はメルカリ事務局に問い合わせをする事でキャンセルできます

3. 届いた商品が壊れていた、写真と違う商品が届いた

商品が手元に届いたからといって、すぐに受取評価をしてはいけません。

まず、商品が届いたら必ず中の商品が使用できるものか、壊れていないか確認してください。

商品の状態を確認してから受取評価をするようにしましょう。

また、商品の返送については出品者に連絡をして相談するようにしてください。

4. 送料込みなのに、着払いで届いた

商品の紹介ページでは「送料込み」と書いてあったのに、着払いで届いた時は商品の受取を拒否し、「もう一度、正しい発送方法で送ってください」と出品者に連絡しましょう。

もし、受け取ってしまった場合は出品者に「送料を返金して欲しいのですが」と連絡するようにしましょう。

メルカリで購入時にトラブルが起きた時の対処法まとめ

メルカリは、一般人の方も気軽に商品を売却しているのでトラブルが起きる事もあります。

商品を購入時にトラブルを未然に防ぐためにも、商品を購入する前には出品者にメールをする、商品が届くまで・商品の中身を確認するまでは受取評価を絶対に押さないでください。

また、もし取引でトラブルが遭った時や、期日が過ぎても届かない商品など、取引で困った時はメルカリ運営事務局に相談するようにしましょう。(執筆者:多良 真由美)