≪画像元:保険@saisoncard

最近、クレジットカード会社は保険に力を入れています。

中でも、セゾンカードは特に力を入れており、セゾンカード会員限定の保険「Super Value Plus」(スーパーバリュープラス)は、補償の種類も多く、一般的な保険と比べて保険料もお手頃です。

今回は、スーパーバリュープラスの概要やメリット、注意点などを紹介します。

スーパーバリュープラスの概要

スーパーバリュープラスは月額300円から、必要な補償を必要なだけ選択できます。

モノやケガの補償、ゴルフや暮らしの補償などがありますが、ここでは特に注目の補償内容をピックアップして紹介します。

けが安心プラン女性専用コース


≪画像元:保険@saisoncard

ケガに関する補償では、「けが安心プラン女性専用コース」が注目です。

顔面や頭部、頸部のケガによる手術は保険金が2倍、携行品損害や犯罪被害事故で死亡・後遺障害が生じた場合も補償、などの特徴があります。

女性限定ですが、補償内容が手厚いです。保険料と補償内容は、以下の通りです。

キャッシング安心プラン


≪画像元:保険@saisoncard

ショッピング保険は、当該カードで購入した品物の損害に対して補償されますが、当該カードでキャッシングした現金については補償されません。

しかし、キャッシング安心プランならば、キャッシングした現金のひったくり、盗難などの補償をしてくれます。

保険料は月額300円で、キャッシング日から90日間に日本国内で発生した現金の盗難を、年間10万円を限度に補償してくれます。

現金を補償してくれるカード保険は、ステータスカードでもなかなかありません。

お車安心プラン


≪画像元:保険@saisoncard

マイカーユーザーならば、お車安心プランがおすすめです。

月額300円のお車安心プランに加入していれば、多くのサービスを無料で受けられます。

サービスの詳細は、以下の通りです。

ロードサービスを依頼すると1万円以上はかかってしまいますが、保険に加入していればかなりの費用節約になりますね。

お住まい安心プラン


≪画像元:保険@saisoncard

日常生活のトラブルを補償してくれるのは、お住まい安心プランです。

月額300円で、水のトラブルの解決、水のトラブルによる被害の補償までカバーしてくれます。

補償内容は、以下の通りです。

加入者本人だけでなく、同居の親族や別居の未婚の子供も含まれますので、一人暮らしのお子さんのために、自分が加入しておくのも悪くありませんね。

注意点

セゾンカードであれば、多くのカードでスーパーバリュープラスに加入できますが、カードブランドやプランによっては加入できない場合もあります

例えば、「山と溪谷カードセゾン」は、全てのスーパーバリュープラスのプランに加入できず、「ゴールドカードセゾン」はお買物安心プランAに申込できません。

「JAFカードセゾン」はお車安心プランに申し込めず、「シネマイレージカードセゾン」は、国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合に限り、お買物安心プランAに申込できません。

また、持っているセゾンカードに付帯している保険とスーパーバリュープラスの保険が重複している場合は、無駄になってしまう可能性もありますので、まずはセゾンカードの補償内容を確認した上で、必要なプランに加入しましょう。(執筆者:角野 達仁)