先週の市況をダイジェストで振り返る(10月第2週)

2017/10/9 月

ロシアの報道が、北朝鮮が週末にミサイルの発射を企図していると報じ、米国市場ではVIX指数が上昇。

労働統計では、ハリケーンの影響で2010年以降初めて新規雇用者数が減少に転じた。

ただし、時間当たりの労働単価は上昇しているので金利引き上げには追い風。

イールドは2.4%程度にまで上昇。欧州では、スペインの株価は軟化したが、地区の信頼感指数は上昇し市場全体としては上昇。

2017/10/10 火

米国では債券市場は祝日でお休み。

株式市場は薄商いの中、テクノロジー関連が値を上げたが、それ以上にヘルスケア関連が値を下げた。

米国と緊張が高まったトルコリラは値下がり。

欧州ではカタロニア問題が一段落となりスペイン市場はリバウンド、ドイツも株価が上昇。

2017/10/11 水

米国ではウォルマートの株価にけん引され消費関連銘柄が上昇し、SP500、ダウ、NASDAQはいずれも史上最高値を更新。

為替は、トランプ政権の税制改革に対する疑問符が付いたためにドル安。

カタロニア地方の独立の動きが鈍化してユーロは上昇。

スペインではサンタンデールなどの銀行株が軟化して市場全体も軟調。

2017/10/12 木

米国市場ではFedでの利上げ議論が先送りされていたことが判明しイールドが下落。

金融関連株が下落したが、不動産、公益株、消費関連が値を上げ、SP500、ダウ、NASDAQの主要3指数はともに史上最高値を更新。

個別銘柄ではウォルマートやジョンソン&ジョンソンが堅調。

欧州では、カタロニア地方の独立が先送りされスペイン株は上昇。欧州市場全体では横ばい。

2017/10/13 金

米国ではJPモルガンやシティがクレジットカードの負債のための引当金を積み増し軟化、AT&Tは競争激化とハリケーンの影響で視聴者が低下し値を下げる。

欧州では、HSBC、BNPパリバといった大手行が値を下げる一方、経営破たんに陥ったエアベルリンの買収含みで、ルフトハンザやイージージェットが値を上げる。

以上です。(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明()»筆者の記事一覧 (116) http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)
【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう