ディズニーにとことん浸りたい

そんな方々におすすめなクレジットカードが「ディズニー★JCBカード」です。

今回は、ディズニー★JCBカードの特徴やメリットはもちろんのこと、デメリットや注意点も紹介します。

カードデザインが豊富!


ディズニー★JCBカードは、とにかくカードデザインが豊富です。

ミッキーやミニー、ドナルドなどの定番はもちろん、ティンカー・ベルやスティッチ、さらには2018年4月15日までの期間限定で、プーさんとピグレットのデザインも選べます。

これは、何枚カードがあっても足りないくらいですね。

ミッキーの形をした「QUICPay」


形からディズニーに浸りたい人は、ミッキーの形をしたキーチェーン型の「QUICPay」(後払い式電子マネー)も欠かせません。

発行手数料として税別700円かかりますが、年会費無料ですし、何よりディズニー★JCBカード限定アイテムですので、ゲットすべきですね。

メンバー特典もたっぷり

形だけじゃなくて中身でもどっぷりディズニーに浸りたい、そんな方の期待もディズニー★JCBカードは決して裏切りません。

1. メンバー限定のキャンペーンやイベントが目白押し

ディズニー★JCBカードでは、「ディズニー・カードクラブ」に登録したメンバーに対して、キャンペーンやイベントを数多く実施しています。

キャンペーンやイベントの最新情報はメールで配信され、特別イベントへの招待やチケット販売も行なわれています。

2017年の7月19日、22日、8月5日、26日の4日間、東京ディズニーシーではメンバー限定のファンミーティングが開催されました。

2. TDR(東京ディズニーリゾート)で思い出に残る体験をしよう


特別なイベントだけでなく、普段のTDRでの滞在も、特別なひと時とするお手伝いをしてくれます。

毎週水曜日と日曜日、「キャラクターグリーティング」が開催され、ディズニーのキャラクターと特別な記念撮影ができます。

撮影してもらった写真は、特別なフォトフレームに入れてくれる徹底ぶりです。

キャラクターグリーティングは1回50名が抽選で選ばれ、申込をしなければなりません

3. ディズニーホテルに宿泊して、とことん遊びつくせ!


≪画像元:ディズニー公式 ディズニー・カードクラブ≫

TDRは1日ではとても回り切れないので、ディズニー直営のホテルに宿泊する人も多いでしょう。

「東京ディズニーランドホテル」

「ディズニーアンバサダーホテル」

「東京ディズニーセレブレーションホテル」

では、2017年11月まで、宿泊料金を10%~20%割引してくれる宿泊特典があります。

宿泊対象期間外のご利用は特典が適用されません。対象期間の設定日はプランによって異なりますので、ご確認ください。

カード継続で非売品グッズのプレゼント


ディズニー★JCBカードを継続・利用した本会員に対して、非売品のオリジナルグッズがプレゼントされます。

グッズは毎年変わるので、毎年が楽しみですね。

ポイント還元率は0.5%

ディズニー★JCBカードの基本スペックは、本会員年会費が税別2,000円(初年度無料)、家族会員年会費が税別400円(初年度無料)、ポイント還元率は0.5%(税込200円利用ごとに1ポイント付与)です。

たまったポイントは、1ポイント=1円でTDRの屋内ショップやレストラン、宅配センターで利用できます。

それ以外にも、TDRのパークチケットに4,800ポイントから交換可能、年間パスポートは4万1,000ポイントから交換できます。

デメリット

海外のディズニーとは縁がない

ディズニー★JCBカードの特典は、日本国内のTDRが対象です。

アメリカや中国、フランスにあるディズニーランドとは関係がありませんので、世界のディズニーを股にかける人には物足りないかもしれません。

メンバー特典は必ず受けられるわけではない

メンバー特典には、抽選のものが多いのもデメリットと言えます。

利用者数を考えると、かなりの抽選倍率が予想されますので、当たればラッキーですね。

ショッピング保険は国内のみ

このカードにはショッピング保険が付帯しているものの、日本国内での購入は対象外なので、逆に国内のTDRで買い物三昧の人には、物足りないかもしれません。

チケットへの交換が目的ならば、他のJCBカードの方がお得な場合も

ディズニー★JCBカードのポイント還元率0.5%は、正直平凡です。

パークチケットに交換するためには、最低でも96万円の買物をディズニー★JCBカードでしなければなりません

リボ払い専用カード「JCB EIT」


≪画像元:JCT EIT

JCB EITのポイント還元率は1%、つまり1,000円利用で2ポイント(1ポイント=5円相当)たまります。

JCB EITでは「Oki Dokiポイント」がたまり、ポイントの交換特典に「パークチケット」があります。

1,400ポイントで交換できるため、70万円買い物をすればチケットに交換できるのです。

JCB EITの詳細を見る

招待制の「JCBザ・クラス」


≪画像元:JCBザ・クラス

JCBカード愛用者で、ステータスに自信があるなら、招待制の「JCBザ・クラス」もいいでしょう。

このカード保有者は、TDR内のJCBラウンジを利用可能で、アトラクションの優先搭乗もあります。

メンバー特典

・抽選で会員専用レストラン「クラブ33」の食事券とパークチケット各2名分。

・4名分のパークチケット

・2名分パークチケット+1万円分のギフト券

ディズニーが大好きな方にはJCBカードがおススメです。(執筆者:角野 達仁)