先週の市況をダイジェストで振り返る(10月第3 週)

2017/10/16    月

米国ではハリケーンの影響でガソリン価格が上昇しCPIが8か月来の大きな上昇となった。

小売りがここ2年半のうちで最も伸びたことも株式市場に好影響。株価とドルは上昇し、イールドは低下。

欧州では、Bayerがモンサント買収のため資産の一部をBASFに売却し値を上げた。

DAXは史上最高値を更新したが、FTSEは史上最高値を更新した昨日から軟化。

2017/10/17    火 

イラクとクルドの緊張が高まり原油価格が上昇、銅価格も3か月来の高値となる。イエレンFRB議長が金利の引き上げを示唆し、金利が上昇。

JPモルガン、バンクオブアメリカといった大手行が値上がり。Netflix,アップルといったテクノロジー株も上昇。

スペイン株は値を下げたがドイツ株は上昇し、欧州は全体で見れば横ばい。

2017/10/18    水 

米国ではトランプ大統領がタカ派のスタンフォード大のジョンテイラー氏を次期FRB議長にすると予想されておりダウは一時23000を超えた。

上院でオバマケアに対する折衷案が示されヘルスケア関連が上昇。

IBMやジョンソン&ジョンソンが値を上げ、ゴールドマンサックスやNetflixが値を下げた。

欧州では中国での需要が堅調なダノンや教育関連のピアソンなどが値を上げたが市場全体としては値下がり。

2017/10/19    木

米国株式の主要3指数はそろって史上最高値を更新。IBMは5年ぶりに売上高が増加。

これまで公表された第3四半期決算で80%の企業が予想を超える利益となっている。

米国とドイツの債券イールドは低下。サンタンデール、BBVA、Sabadellといったスペインの銀行は株価下落。

2017/10/20    金

米国市場では安全資産であるスイスフラン、日本円、金などが値上がりする一方で、市場終了前にトランプ大統領が次期FRB議長にパウエル理事を充てるとのニュースが流れSP500は史上最高値をわずかに更新。

欧州では、スペインのカタルーニャ地方の独立問題が膠着し、スペイン株は下落しイールド上昇。ユニリバーやKionなどの業績が芳しくなく株式市場は下落

以上です。(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明()»筆者の記事一覧 (116) http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)
【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう