先週の市況をダイジェストで振り返る(10月第4週)

2017/10/23    月 

米国ではトランプ政権が減税政策の一部を撤回する代わりに上院で予算案が通過し前進。SP500、NASDAQ、DOWがともに史上最高値を更新。

欧州ではカタルーニャの独立問題とBreixtからユーロ安、日本円は総選挙前に軟化。

米国では、次期FRB議長がパウエル理事とテーラー教授に絞られイールド上昇。

2017/10/24    火 

米国市場では決算発表の集中を前に市場は一段落。OPECが生産調整を順守していることを確認し原油価格は上昇。

欧州では、カタルーニャ問題からスペインの大手行が軟調になり株式市場全体も軟化したが、欧州市場全体では横ばい。

日本では安倍政権が信任を得て市場が上昇し、英国ではメイ首相が国会でBrexitの進展についてスピーチしポンドは上昇。

2017/10/25    水

米国では共和党内からトランプ政権の減税案に反発があり複雑化したが、キャタピラーや3Mといった大手銘柄の決算が予想を超えダウは史上最高値を更新した。SP500も上昇。

日本株は16日連続の上昇。欧州では市場はまちまちであったが、アップルのサプライヤーAMSが大きく値を上げ、同業他社も値を上げた。

昨日軟化したスペインの銀行株がリバウンドし、コメルツバンクは買収防衛でGS・ロスチャイルドの支援を受けることになり価格上昇。

2017/10/26    木 

共和党がトランプ政権の減税案に反対し、米国株式と米ドルは軟化。次期FRB議長にはイエレン現議長の留任も報じられ3人の争いに。

AT&Tが3.9%値を下げたほかVerizonも値を下げ、ボーイングはKG-46関連の引当金により値下がり、さらに、AMDは収益見通しを引き下げ大きく下げる。

欧州株式は、グッチの親会社であるKeringやLVMHなど高級品関連が値を上げたが市場全体は横ばい。

2017/10/27    金

米国では下院共和党が予算を承認し銀行株が上昇、フォードやTwitter、アマゾン、アルファベットなどの個別銘柄が堅調な業績を背景に価格上昇。SP500は値を上げる。

欧州では、ECBが来年の9月まで300億ユーロ規模の債券購入を続けると公表し、ユーロは軟化、ドイツ国債、欧州株式は上昇。

スペインではサンタンデール、Sabadellといった銀行がけん引して株価上昇。

以上です。(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明()»筆者の記事一覧 (116) http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)
【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう