寒さがこたえる季節到来

ヒーターや暖房に火を入れ始めたご家庭も多いかとは思いますが、電気代が上昇傾向にある今、暖房費はできるだけ節約したいものです。

そこで今回は、暖房費削減に役立つ自宅の寒さ対策をご紹介します!

冷気は窓から! 窓の寒さ対策をしよう

部屋の中を温めても、窓際から暖かい空気がどんどん逃げてしまうようでは、暖房効率が悪くなってしまいます

寒さ対策として窓際の攻略は絶対に必要です。

すきまテープを活用

暖かい空気は、窓のサッシやドアのすきまから逃げていきます。冷気の気になる部分などに、開け閉めに問題のない範囲ですきまテープを貼って、部屋の密閉性を高めましょう

すきまテープはホームセンターのほか、100円ショップでも購入できます。

窓に断熱フィルムを貼る

窓が外気で冷たくなると、室内の温度を下げてしまいます。窓に断熱フィルムを貼ることで、ガラスから伝わる外の寒さを和らげることができます

専用の断熱フィルムも売られていますし、100円ショップでも手に入ります。結露の防止にもなるので一石二鳥です。

見た目を気にせず開閉に影響しない場合

梱包材として使われるプチプチでも代用できます。窓にはりつけるときは、プチプチした面を窓側にして使いましょう。

窓全体を覆うのが一番効果的ですが、冷気は下の方にたまるので、窓の下部分だけでも効果があります

窓際にボードを置く

冷気をシャットアウトするため、窓際にボードを置くのもおすすめです。

専用のボードも売っていますが、窓の横幅より少し大きめのダンボールや発砲スチロールを、窓の足元に立てかけておくだけでもかまいません。厚手のアルミマットでも良いでしょう。

筆者は畳の上にマットレスを敷いて寝ているのですが、ボードを一枚置くだけで、寝るときの温かさが段違いでした。

外から入り込む冷気が気になる方には特におすすめです。

カーテンを長めにする

冬用の厚手のカーテンがあれば理想的ですが、1年を通して同じカーテンというご家庭も多いかと思います。その場合は、冷気を遮断するため、できるだけカーテンを長めにしましょう

最近のカーテンフックはアジャスターがついているものが多く、数センチ程度であれば床までの長さが調整できるようになっています。

できるだけカーテンの裾が床に近くなるように調整をしてつり下げれば、それだけで冷気対策になります

ただし、カーテンが床についてしまうと、汚れやカビの原因になるため、床からの距離は1cm~2cm程度開けておきましょう

部屋でも暖かい格好で過ごす

室内の温度を高くし過ぎなくても良いように、部屋の中でも暖かい格好をしましょう。寒さ対策のポイントを抑えれば、着ぶくれせず暖かく過ごせます。

厚い上着より高機能の下着を買う

寒さ対策として分厚い上着を着こんでも良いのですが、重たく動きが妨げられるようでは、快適さが損なわれてしまいます。

寒さ対策には、上着よりも保温性が高い、薄手の機能性インナーを重ね着することをおすすめします。

シャツだけでなく、レギンスやタイツも併用すると暖かさが断然違いますよ!

ユニクロのヒートテック

イオンの PEACE FIT

足元を温める

末端が冷えてしまうと、全身が冷たく感じて部屋の温度を上げたくなります。特に足元の冷えが年中気になっているという女性も多いでしょう。

足元を温めるには、靴下やルームシューズを活用するのがおすすめです。

一般的なものでは冷えが取れないという方は、モンベルなど、アウトドアブランドが出している雪山用のアイテムがおすすめです。

アウトドアブランドの雪山用の商品は、高性能で信頼がある分高価なものですが、小物類であれば値段もお手頃です。

例えばモンベルのアルパイン ソックスは、厳冬期登山での使用に耐える保温力を備えています。

ルームシューズとしてキャンプシューズも併用すれば、寒さに負けない足元を作れますよ。

カイロを活用する

カイロを使って身体を温めるのも効果的です。特におへその下、仙骨(腰のやや下からお尻の中心に位置している骨)のあたりを温めると、全身が温まり効果的だといわれています。

使い捨てカイロでもかまいませんが、電子レンジで温めて繰り返し使える湯たんぽは、エコで使い勝手も良いのでおすすめです。

工夫して暖房費を節約しよう!

手軽にできるおうちの中の寒さ対策をご紹介しました。

冷気を遮断し、暖かい格好をする以外にも、加湿を心がけたり、暖かい飲み物をとったりすることで、「暖房の温度を1度下げても大丈夫」という状態をキープできます。

暖房の温度を1度下げると、5%~10%程度の電力削減につながるそうですよ。ぜひ小さな工夫を重ねて、今年の暖房費を節約しましょう!(執筆者:青海 光)