前回、「趣味で撮った写真でお小遣い稼ぎができるフォトストックサイトを4つ」ご紹介しました。

プロじゃなくても、写真を売ることができる点が魅力でしたが、今回は前回ご紹介したサイトよりももっと気軽に出品できる「スナップマート」についてご紹介します。

出品から報酬の受け取りまでスマホで完結できるので、フリマ感覚で販売できますよ!

スマップマートとは

≪画像元:スマップマート

スナップマートはSNSに写真を投稿するように、簡単に写真販売が始められるアプリです

購入するのは、写真を広告として使いたい企業やメディア

プロが撮影したような作りこんだ写真ではなく、日常の一コマなどナチュラルな写真が求められています。

出品方法は、フリーテーマで自由に出品できる「マーケットプレイス」と、決められたテーマに沿った写真を投稿する「企業からのリクエスト」の2種類があります。

≪画像元:スマップマート

売れたり、採用された場合に、報酬が支払われる仕組みです。

スマホで撮った写真だけではなく、一眼レフやデジカメで撮影した写真も、いったんスマホにダウンロードすれば出品できます。

販売価格は、サイズや人物が写っているかどうか、定額制か単品購入かで異なります。

単品購入の場合、Sサイズが324円、Mサイズが540円、原寸大が1,296円で、人物が写っている場合は少しだけ高い価格で設定されます

販売価格が最初から決まっているので、安売りする必要もありません。

報酬は、出品枚数や販売実績などに応じてもらえるメダル数によって、販売金額の30~60%がもらえるシステムです。

スナップマートの魅力

写真が販売できるという点では、他のフォトストックサイトと同じですが、スナップマート独自の魅力がたくさんあります。

出品から報酬の受け取りまでスマホ1台で完結する

購入はWEBサイトからですが、出品はスマホから行います。

そのため、出品から報酬の受け取りまでスマホ1台で完結します。登録手続きも簡単で、出品は1~3分あれば完了します。

他のフォトストックサイトより手軽に投稿できるので、今まで写真を販売したことがないという方にもおすすめです。

審査がなく気軽に出品できる

フォトストックサイトの多くは、出品する前に写真の審査が行われます。

きれいに撮れた写真でも、運営側に売れないと判断されたら出品できません。しかし、スナップマートは審査がなく、SNSに投稿した写真でも出品OKです。

「いいね」機能がある

スナップマートでは、気に入った写真があればSNSのようにハートマークを押して評価することができます。

出品者側からは、人気のある写真とそうでない写真が分かるので、どんな写真がウケるのかを簡単にしることができます

出品するときのコツや注意点

販売できない写真を事前にチェック

気軽に出品できるからこそ、販売できない写真についてしっかりチェックしておかなくてはいけません。

販売できない写真には、他人が撮影した写真(著作権が自分にないもの)や、写っているモデルに出品の許可をもらっていない写真などが該当します

それ以外に、有名建築物や寺社仏閣が写り込んでいる写真もNGなので注意しましょう。

有名建築物や寺社仏閣などは、訪れた記念に撮影する人が多いですが、勝手に写真を販売してしまうと知的財産権侵害になる可能性があります。

検索に引っかかるようタグをつける



≪画像元:スマップマート

写真を出品するときは、できるだけ検索に引っかかるようタグをたくさんつけましょう

最低でも5~6個はつけ、関連するワードや類義語をつけておくと、たくさんの人に見てもらうことができます。

まとめ

スナップマートは、フリマ感覚で気軽に写真販売ができるアプリです。

フォトストックサイトに興味があるけど、審査や登録が面倒くさいという方でも簡単に出品できます

スマホで撮った写真が大量にたまっているという方は、チャレンジしてみてはいかがですか?(執筆者:垣内 結以)