年賀はがき購入でも使えるカードがある 「クレカ払い」でポイントをゲットする方法を紹介します

2017年も残りわずかとなり、2018年の年賀状の準備をそろそろ始める時期です。

年賀はがきの購入でもお得になりたい人は、年賀はがきをクレジットカードで購入して、カードのポイントをためたいところです。

しかし、果たしてそれは可能なのでしょうか?

今回は、年賀はがきを購入してポイントをためる方法をいくつか紹介します。

郵便局ではクレジットカードを利用できない

年賀はがきの購入場所として真っ先に思い浮かぶのは、郵便局です。

しかし、郵便局では年賀はがきはもちろん、切手やその他の官製はがきの支払いでも、クレジットカードを利用できません

コンビニならば一部で可能

郵便局と並んで全国にネットワークを展開しているのが、コンビニです。

このうち、年賀はがきの購入でポイントが付くのは、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップです

セブンイレブンは「クレジットチャージしたnanaco払い」

セブンイレブンでは、支払いにクレジットカードが利用できますが、年賀はがきの購入はクレジットカード払いできず、それは「セブンカードプラス」も決して例外ではありません

≪画像元:nanacoカード

電子マネー「nanaco」で支払えば、年賀はがきを購入できますが、nanacoポイントは付与されません。

しかし、クレジットカードからチャージしたnanacoで年賀はがきを購入すれば、チャージしたクレジットカードのポイントは付与されます

≪画像元:リクルートカード

全てのクレジットカードが、nanacoにチャージ可能なわけではありません。

チャージ可能なクレジットカードの中で還元率を重視するならば、還元率1.2%の「リクルートカード」です

ファミリーマートでは、「ファミマTカード」

≪画像元:ファミマTカード

ファミリーマートでは、Tマネーを使っても年賀はがきは購入できませんが、クレジットカードの「ファミマTカード」で、クレジット払いが利用可能です。

税込200円のカード払いにつきTポイントが1ポイントたまりますので、還元率は0.5%です。

ファミマTカードのクレジットカードで年賀はがきを購入しても、カード提示によるショッピングポイントは付きません

ミニストップでは「クレジットカードでチャージしたWAON払い」

ミニストップの場合も、セブンイレブンと似た方法です。

≪画像元:WAONカード

それは、クレジットカードでチャージした電子マネー「WAON」で支払うことです。

WAON利用によるポイントは付きませんが、クレジットチャージによるポイントがたまります

ただし、セブンイレブン以上にチャージ可能なクレジットカードが少ないです。

まずは「イオンカードセレクト」で、WAONにチャージをすると200円ごとに1WAONポイントが付与されます。

≪画像元:JAPAN AIRLINES

他には「JALカード」がありますが、JAL・JCBカード、JALカードDC(VISA/MasterCard)、JALカード TOKYU POINT ClubQのみが対象です。

≪画像元:JMB WAONカード

また、使用するWAONカードは普通のものではなく、「JMB WAON」でなければなりません

以上の条件を満たせば、200円のクレジットチャージごとにJALマイル1マイルがたまります

ネットショッピングでカード払い

最後に、ネットショッピングで年賀はがきをカード払いで購入して、カードのポイントをためる方法です。

郵便局のネットショップ

≪画像元:郵便局

郵便局の窓口ではクレジットカードで年賀はがきを購入できませんが、通信販売の「郵便局のネットショップ」なら、10枚単位で年賀はがきを購入できます。

もちろん、主なクレジットカードは利用可能ですが、税込5,000円未満の注文については、送料が税込720円かかってしまいます

他の商品購入を前提にクレジット払いできる

楽天市場を見てみると、インクとの同時購入やプリントサービスとの同時注文、またはプリント済みの年賀はがきを条件に、年賀はがきの購入ができます。

はがき1枚の単価も、52円かそれ以下となっています。

≪画像元:楽天カード

楽天で購入するなら、もちろん「楽天カード」がお得です。

条件が合えば「ヤフオク!」もあり

インターネットオークションサイト「ヤフオク!」でも、年賀はがきの出品があります。

実は、ヤフオクで年賀はがきを落札して、登録してあるクレジットカードで落札代金を支払うことができるのです。

ただし、ヤフオクに出品されている年賀はがきは、50枚以上など枚数が多い出品が多いです。

また、出品者によっては手続きが遅いこともありますので、年末ギリギリでの落札には避けた方が無難です。

そして、コレクション目的で古い年賀はがきが混じっていますので、間違えないように確認しましょう。

結局どれがおすすめ?

面倒なことが嫌いな方は、ファミマTカードを使ってファミリーマートで年賀はがきを購入するのが、最も簡単です。

確実にポイント高還元を重視するなら、リクルートカードでチャージしたnanacoを持って、セブンイレブンで購入するのがいいです。

年賀はがきを安く買いたいなら、他の商品と同時購入をしてネットショップで購入するか、オークションで購入しましょう。

大量購入をする方、好みの年賀はがきを選びたい方は、大量購入で送料無料になりラインアップも豊富な、「郵便局のネットショップ」がおすすめですね。(執筆者:角野 達仁)

24時間パソコン・スマホでカンタン申し込み「楽天カード」

リクルートカード申し込みはこちら

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁(かどの たつひと)»筆者の記事一覧 (311) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう