業界最高レベルのロードサービスを誇る「チューリッヒの自動車保険」を徹底解説»マネーの達人

業界最高レベルのロードサービスを誇る「チューリッヒの自動車保険」を徹底解説

自動車保険はたくさんありますが、中でもロードサービスが充実しているのは、チューリッヒの自動車保険です。

今回は、チューリッヒの自動車保険が提供する、充実のロードサービスを紹介します。






充実のロードサービスを一挙紹介!

レッカー代無料の距離が無制限


愛車が走行不能になった場合、最寄りの修理工場までのレッカー代の距離制限がありません(保険会社指定の修理工場の場合。利用者指定の場合は100キロまで)。

他の保険会社のレッカーサービスで比較してみましょう。



違いは明らかですね。

修理後の車両を無料で搬送


修理後の愛車を自宅まで搬送する際に、搬送費用を全額保険会社で支払ってくれます

距離制限はありません。

レンタカーが24時間無料


愛車トラブルのため代車が必要な場合、レンタカーの基本料金を24時間分支払ってくれます

しかも、レンタカーのグレードは契約車両と同等のものを借りられますので、契約車両がホンダのステップワゴンの場合、日産セレナを代車として無料レンタルできます。

帰宅費用も無料


事故現場から帰宅する際、搭乗者全員の帰宅費用も全額サポートしてくれます

レッカーサービスを利用する必要がありますが、自宅からの距離制限はありません

この際の交通手段は、「最も合理的と判断される手段」(電車・バスなど)です。

搭乗者全員の宿泊費用もサポート


事故現場から当日中の帰宅が困難な場合は、搭乗者全員分の1泊宿泊費が無料となります。

原則として、最寄りのビジネスホテルとなります。

ペットにかかる費用もサポート


ペットと一緒に旅行の際、1泊分のペットホテル費用、ペットホテルまでの交通費がかかりません

また、ペットを有料のペットシッターやペットホテルなどに預けていて、延長料金が発生した場合には、1万円まで支払ってくれます

キャンセル費用をサポート


車のトラブルによって生じた、ホテルや航空機、旅行予約のキャンセル費用を、1回につき5万円まで支払ってくれます

時間制限なしの応急処置


他の自動車保険のロードサービスでは、時間制限(30分程度)のある応急処置も、チューリッヒの自動車保険ならば時間無制限で行ってくれます




注意点

ただし、これらのロードサービスには、以下のような注意点があります。

レッカーサービス利用前提のものが多い


「キャンセル費用を5万円まで支払い」や「帰宅費用サポート」チューリッヒでレッカーサービスを利用しないと、無料で利用できないロードサービスが少なくありません。

対象外のサービスもある


時間無制限の応急処置のうち、以下のものは無料サービスの対象ではありません。

ネット専用自動車保険には付かない


チューリッヒの自動車保険には、通常の「スーパー自動車保険」と、コストを抑えた「ネット専用自動車保険」があります。

ただし、ネット専用自動車保険には、業界最高レベルの無料ロードサービスが付きません

・ タイヤチェーンの脱着
・ 雪道をノーマルタイヤで走行した際のスタック
・ 通常走行に不適な場所での救援作業
・ クレーンを使った引き上げ作業


こんな方におすすめ!



チューリッヒの自動車保険は、「そこそこ」のカーライフを送っている人におすすめです。

「そこそこ」のカーライフを送っている人は、雪道をノーマルタイヤでは走行しませんし、砂浜や悪路を走行するむちゃもしません。

ネット専用自動車保険でコストを極力抑えてしまうと、ロードサービスが付きませんので、保険料もそこそこでいいという人におすすめです。

また、距離無制限のサービスが多いので、地方の田舎や秘境を訪れる機会が多い人も、レッカー代が無料になってありがたいですね。

<PR>一番安い自動車保険は?一括無料見積で比較する。

(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 (218) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ