私は「現金払い」より「一括カード払い」にした方が節約につながりました 自分に合った家計管理法を見つけよう»マネーの達人

私は「現金払い」より「一括カード払い」にした方が節約につながりました 自分に合った家計管理法を見つけよう

節約本などを読むと、

「クレジットカード・電子マネーはお金を使った感覚が薄く、出費が増える。なるべく現金を使うべき」

と書かれていることも多いものです。

節約のためにはカードより現金を使うべきなのでしょうか?

実際に現金払い・カード払いで節約生活をした経験のある筆者が、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。




現金払いのメリット・デメリット

以前筆者は、「項目ごとに予算を分けて封筒に現金を入れ、その範囲でやりくりする」という方法を試してみたことがあります。いわゆる袋分け管理です。

確かにこの方法だと、目に見えて手持ちのお金が減っていくので、なんとかこの予算の範囲でおさめようという気持ちが沸いてきます。

しかし、結局日用品の買い足しなど、「どうしても必要なお金」というのは出てきてしまうものですし、なし崩し的に他の項目の予算に手をつけてしまうと、管理も複雑になってしまいました。

お金をおろしにいったり、レジで小銭を出したりといった日々の手間もストレスになり、結局長くは続けられませんでした


カード払いのメリット・デメリット

現在筆者は、現金でしか支払えないものをのぞいて、ほぼ全ての支払いをクレジットカードや電子マネーで行っています。支払い方法は一括払いのみです。

カード払いにする大きなメリット


カード払いにする大きなメリットの1つとして、「クレジットカード・電子マネー支払いなら〇%割引」というサービスが利用できることが挙げられます。

例えば、dカードを使うと、ローソンやマクドナルドでの支払いが3%オフになります。



≪画像元:dカード


イオンカードを使えば、20日・30日はイオンでの買い物が5%オフになります。



≪画像元:イオンカード


たかが3%や5%、と思うかもしれませんが、1万円分の支払いに対して5%の割引なら、500円分節約できます。意外と無視できない金額です。

また、カード払いのときに付与されるポイントも見逃せません。

1ポイント = 1円換算で使えることが多いので、こちらも節約に役立ちます。

工夫次第では、ポイントの価値がより高くなる方法で使うこともできます。

例えば、dカードを使ってためたdポイントを、ローソンのお試し引換券で使えば、1つ140円ほどで売られているお菓子を、60ポイントで手に入れられます(引換券の内容は時期によって異なります)。





さらに、カードでの「支出の痛み」を明確にするため、マネーフォワードという家計簿アプリを利用しています。



≪画像元:マネーフォワード


カード情報を登録しておけば、自動で項目を振り分けて支出を一元化してくれるため、家計簿をつける必要もなくなりました。

履歴が自動で残るので、現金利用でありがちな「使途不明金」を減らすこともできました

多くのメリットがあるカード生活ですが、デメリットとしては、カードを使いこなす生活には、ある程度の知識や工夫が必要で、手間がかかるということです。

自分の生活に最もお得なカードは何か

ポイントを有効活用するにはどうすれば良いのか

使い過ぎないよう支出管理するにはどんな方法があるのか

といったことを、自分で調べたり考えたりする必要があります。

さまざまなサービスを探したり申し込んだりするのはめんどうだと感じる方には、あまり向かない節約方法だといえるでしょう。


現金払い・カード払いは自分に合った方法を選ぼう!

カード払いの生活を始めた当初は、やはり予算をオーバーして使い過ぎてしまう傾向がありました。

しかし家計簿アプリに収支の記録が増えていくと、「今月は食費を使い過ぎ」、「先月よりカードの引き落とし額が1万円も多い」といったことが表示されるようになるため、自然と支払いに気を遣うようになりました。

今では、現金払いのときと支出額は変わりませんが、カード払いはポイントが付く分、家計にはプラスになっています

ただ、現金払い・カード払いにはそれぞれのメリット・デメリットがあり、どちらが良い・悪いというものではありません。

カードではどうしても使い過ぎてしまうという方は現金払いの方が節約になるでしょうし、お得なカードやポイントの有効活用に興味があるという方は、カード払いの方が良いでしょう。

王道の現金払いか、サービスを駆使してカード払いにするのか、自分に合った節約方法を試してみてくださいね。(執筆者:青海 光)

この記事を書いた人

青海 光 青海 光»筆者の記事一覧

都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。ストレスの貯まらない節約術やお得な情報をお届けします♪

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ