先週の市況をダイジェストで振り返る(1月第1週)

2018/1/2    火

米国では市場終了の最後の15分でマイナスの領域になった。

アップルは旧型iPhoneのバッテリー問題で1.1%値を下げ、ゴールドマンサックスは新しい税制で50億ドルの利益が発生すると公表したが値を下げた。

トランプ大統領は米国の郵便サービスはAmazonに対してもっと郵送料を値上げするべきと発言。

Amazonの株価は1.4%値下がり。欧州市場では、FTSEが0.2%値を上げて史上最高値を更新。

2018/1/3    水

米国ではアップル、アルファベット、マイクロソフトなどの大手IT銘柄が上昇し、NASDAQは史上初めて7000台を超えた。

小売り関係は減税法案で恩恵を受けるとの見方から値を上げ、ヘルスケア、エネルギー、素材なども1%以上値を上げた。

欧州では、英仏での新車や販売が苦戦で自動車銘柄が軟調。IAGによるLCCの買収によりルフトフハンザが値下がり。

2018/1/4    木

米国市場はテクノロジー銘柄が堅調でSP500は初めて2700を超える水準に上昇。NASDAQ,DOWも史上最高値を更新。ISMサービス指数は堅調の上昇。

欧州では、アルゴリズム投資などにも適用されるEuropean MiFIDⅡという投資ルールが適用となり、仏独市場では1%近く上昇した。

2018/1/5    金

ユーロが上昇し米ドルが軟化。米国株式市場ではDOWが初めて25000を超え、NASDAQ、SP500も史上最高値を更新。

ADPレポートは民間部門の雇用の堅調な上昇を報告。

欧州市場では、PMIサービス指数が7年来の高水準となり、サンタンデール、BNPパリバ、INGなどの金融大手が上昇。

また、米国の12月の自動車販売が堅調であったことからドイツの自動車メーカーが値を上げ、英国のFTSEも史上最高値を更新。

以上です。(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明»筆者の記事一覧 (116) http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)
【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ