あなたもすでに加入してるかも 「自転車保険」にも予期せぬトラブルにも対応できる「個人賠償責任保険」について»マネーの達人

あなたもすでに加入してるかも 「自転車保険」にも予期せぬトラブルにも対応できる「個人賠償責任保険」について

自転車保険代わりの保険、すでに加入しているかも



これからの季節、小学校や中学校の入学前にお子さんの自転車を購入される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その際、自転車屋さんで自転車保険を提案されることもあるかもしれません。

自転車保険に単体で加入すると、年間2千円から7千円程度。

でも自転車保険にわざわざ加入しなくても、すでに自転車保険の代わりになる個人賠償責任保険に加入している可能性もあります

そこで今回はその個人賠償責任保険を、有効に活用する方法についてお伝えします。


個人賠償責任保険は、日常生活の予期せぬトラブルにも対応可能

そもそも個人賠償責任保険がどんなものかご存じない方に、簡単に説明します。

個人賠償責任保険とは、自転車事故だけではなく、日常生活における日常生活の予期せぬトラブルに対して、相手への損害賠償をしてもらえる保険です。

例えば、子供が遊んでいて、隣人の車のフロントガラスを割ってしまった、飼い犬が他人を噛んでしまった、など他人への経済的な損害に対して、補償を受けられます

つまりこの保険に加入していれば、自転車保険にもなるし、それ以外の日常生活の予期せぬトラブルにも備えることができるということです


ダブって加入していることもある

この保険、自動車保険や火災保険の特約、クレジットカードなどで、いつの間にか加入されている方も多くいらっしゃいます。

自動車保険の証券などに「個人賠償責任特約 1億円」などと記載されていれば、すでに加入しているので、新たに自転車保険に加入する必要は、ありません

ちなみに自動車保険や火災保険の特約などで、複数加入されている方をたまに見受けます。

この場合、実際に相手への補償が発生したとしても、お金が支払われる保険会社は1社だけです

ダブっている場合はムダになりますので、一度保険証券等をご確認ください。

またこの特約は保険期間の途中でも、つけたり外したりすることができます。

もし特約がついていない場合、年間2,000円程度で加入できます




内容を確認する3つのポイント

加入していればそれでいいか、というと、中身も大切です。

その際確認したいのは、

(1) 補償金額
(2) 自転車事故のみの補償ではないか
(3) 示談交渉の有無

です。

(1) 補償金額は、3,000万円~無制限と、金額に幅があります。

自転車事故は1億円近い賠償金が命じられたこともあるので、1億円が一つの目安となります。

(2) 同じ入るなら、日常生活の予期せぬトラブルにも対応できるようにしてください

(3) 損害が発生するようなことが起きた場合、素人がその補償金額が適正かどうか、判断するのは難しいですよね。

その際、示談交渉サービスがついていれば、保険会社に全てお任せできるので安心です。

ただ火災保険やダイレクト型の自動車保険には、示談交渉サービスがついていないことが多いです。

保険証券には記載されていないので、ホームページを見たり、カスタマーセンターに問い合わせをしたりして、示談交渉サービスの有無を確認してください。


まとめ

自転車保険にあえて加入しなくても、すでに自動車保険等の個人賠償責任特約を加入されている方は多くいらっしゃいます。

でも入っていればいいものではなく、その補償内容が大事です。

まずは個人賠償責任保険に加入しているか?

そしてダブって加入していないか?

それから補償の内容をしっかり確認してください。

特に自動車保険については、今年の1月更新分から保険料が2~3%下がる方が多いので、見直しのいい機会にしていただければと思います。(執筆者:水谷 文枝)

この記事を書いた人

水谷 文枝 水谷 文枝»筆者の記事一覧

ファイナンシャルプランナー(AFP)
兵庫県在住。JA系の金融機関に就職し、資産運用の部署に携わる。その後、当時女性の採用がほとんどなかった某生命保険会社に、女性最年少で転職。約12年勤めた後、代理店勤務を経て、独立。「わからない」「難しい」「だまされる」というネガティブなイメージを持たれがちな保険やお金を、「わかる」「簡単」「活かす」というポジティブなイメージに変えていくために活動中。また単に「お金の知識を増やす」のでなく、「お金の意識を変える」ことをライフワークとしている。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ