【メルカリ】不用品を1年で20万円以上にした私が実践した5つの「売れるコツ」。»マネーの達人

【メルカリ】不用品を1年で20万円以上にした私が実践した5つの「売れるコツ」。

フリマアプリ「メルカリ」

「メルカリ」は
・ 衣類
・ 日用品
・ 雑貨
・ 電化製品
・ 子供用品
・ 食料品
など、さまざまなものを売買できます。

スマホで簡単に出品ができるので、多くの人が利用しています。



私もそんな利用者の1人


実は私、メルカリを使い始めてから3年になりますが、ここ1年程度でトータルで20万円近く売却しました。

売ったものは、すべて自宅で使わなくなった不用品ばかりで、特別高級なものを手放したというわけではありません

メリカリでお金に替えるのは、どんなものを売るか以前に、「買ってもらうためのコツ」をおさえることが大切なんです。

ここでは、私が実際に実践していた、メルカリで商品を売るためのポイントをご紹介します!


1. 写真は大きな判断材料

メルカリは、普通のフリーマーケットとは違い、実物を目でみて確かめられない欠点があります。

そのため、載せる写真が一番大きな判断材料になるんです。

コツ1:4枚に分けて商品アピール


メルカリでは1商品につき、最大4枚の写真を載せることができるので、商品すべてが分かるよう、4枚にわけて撮影しましょう。

コツ2:見やすく加工 やりすぎ注意


品物によっては、光の加減や材質などによって、キレイに映らないことがあります。

その場合は、画像加工アプリを使って、キレイで見やすい画像に仕上げましょう

ただし、画像加工のやりすぎは、実物とカラーが違ってしまうことになりかねないので、「画像のものと違う!」といったクレームにもなりかねません

過度な加工はせずに、商品が見やすく、良さが伝わるよう工夫をしましょう。


2. タイトルに優先的に入れたいワード



写真の次に大切なのが、商品タイトルです。

タイトルには「購入者が知りたいこと」を優先的に入れることで、出品した商品に興味を持ってくれる人が多くなります。

【いいね】をたくさん獲得できるということにも繋がるんです。

優先的に入れるワードの例


・ 美品
・ 新品
・ 未使用

必須項目


・ ブランド名
・ サイズ
・ カラー

商品の状態(新品未使用)や、ブランド名で探す人が多いです。

タイトルに購入者が知りたい情報を入れておくと、商品説明文を見なくても
「この商品いいな」
「気になる!」
という気持ちにさせることができ、購入へ結び付けることができます。


3. 販売価格は「値下げ分」も見込んでつける

メルカリでは、ほとんどの商品で「値下げ交渉」を行います。
「おいくらまでお値下げ可能でしょうか?」

「〇〇円で譲っていただきたいのですが…」
など、交渉の仕方は人それぞれです。

購入を検討している人も多くは、値引き交渉をしてくると思っていた方が良いです。

できるだけ値下げには対応しましょう



出品する際には、値下げ分も見込んで、売りたい金額よりも少し高めに設定することがポイントです。

送料や手数料を引いてもほとんど利益がない位の大幅値下げや、失礼な値下げ交渉には対応しなくても大丈夫です。


4. 「送料込み」は必須

メルカリでは送料込みと着払いが選べますが、売れやすいのは圧倒的に「送料込み」です。

送料別の場合、商品代金が安くても、後々かかる送料のことも予算として考えなければなりません。

送料をいくらかかるのか計算するのも面倒なので、「この商品いいな」と思ってもらえても、配送料の負担が「着払い」になっていると、「じゃあいいや」と購入を避ける人が多いんです。

私も、「いいな」と思った商品が着払いで、諦めてしまった経験が結構あります。

着払いは割高


ほどんどの商品は着払いより、送料込みで「ゆうゆうメルカリ便」や「らくらくメルカリ便」などのサービスを使って配送した方が安いです。

メルカリで取引をするうえで、送料をできるだけ安く抑えることは基本中の基本ですから、理由がない限り、送料込みは外せない条件と言えます。


5. 定期的に再出品をする

メルカリは、利用者が多い分、常に新しい商品がどんどん出品されていきます。

メルカリで商品を閲覧する時の表示は、並べ替えで変更ができるものの、通常の場合は、「出品が新しい順」で表示されます。

そのため、古い商品は新しい商品に埋もれてしまうんです。

商品の半分以上は、出品から24時間以内売れている


なかなか売れない時や、早く売れて欲しい時は、定期的に再出品してみるのも1つのテクニックです。

何か月も売れていない物でも「再出品をしたらすぐに売れた」という経験も少なくありません。

少々手間にはなりますが、メルカリで売るのなら、再出品は有効な手段です。


メルカリで売るには「コツ」がある



この他にも

「プロフィールは4行程度で分かりやすく!」

「マイルールを細かく設定しすぎない」

「販売金額は、メルカリ内でギリギリ最安値に設定する」

なども有効です。

メルカリをこれから始める方や、なかなか品物が売れずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈»筆者の記事一覧

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ