バレンタインを楽しもう! 簡単おしゃれラッピングは「無印良品のクラフト紙」、おまけが人気「デジレー」のチョコ。»マネーの達人

バレンタインを楽しもう! 簡単おしゃれラッピングは「無印良品のクラフト紙」、おまけが人気「デジレー」のチョコ。

節約バレンタインの定番術



100円前後の板チョコレートや割チョコを使って、とにかく質より量のチョコレートを大量生産する
「手作りチョコレート」
は、節約バレンタインの定番ではないでしょうか。

クラスメイトや会社の同僚に配る人もたくさんいます。


チョコレートはラッピング命

手作りチョコレートの最大のネックは「ラッピング」です。

どんなにおいしいチョコレートでも、ラッピングで手を抜いてしまうと、見た目は市販のチョコレートに負けてしまいます

かといって、ラッピングにお金をかけてしまっては本末転倒です。

コスパも見た目も重要


バレンタインの時期になると、手作りグッズ売り場には、クラフト紙で作られた小さな紙袋やカラフルなリボンが並びます。

手作りチョコレートは、それらの小袋に小分けされて配られるのですが、クラフト紙の紙袋は100円ショップでも5枚100円程度です。

チョコレート同様に質より量を求める人たちにとっては、コスパが悪いようにみえるのではないでしょうか。


無印良品「クラフト紙」


≪画像元:無印良品


ラッピングに「質もデザインも量もコスパも」求めるならば、無印良品の「クラフト紙」をおすすめします。

無印良品の「クラフト紙」は、90cm×10mで294円(税込み)です。

ロール状になっているため、好きな大きさに切って使うことができます

厚みも市販の紙袋よりも厚いため、中に入れるチョコレートをしっかりとガードできるでしょう。

無印良品の無料ラッピングをヒントにする



≪画像元:無印良品


クラフト紙を小さな紙袋に加工するならば、無印良品の無料ラッピングをヒントにすると簡単です。

無印良品では、小さなメモ帳一つでもラッピングをお願いすると、クラフト紙で作られたおしゃれな紙袋に入れてくれます。

普段の紙袋とは違い、底面が長いテープ状に切られたクラフト紙で縫い付けられているのです。

「のり接着」ではなく、ミシンで縫ったようにするだけで、おしゃれなラッピングになります。

カラーペンを使ってメッセージやイラストを書き添えても喜ばれるのではないでしょうか。


ベルギーの老舗チョコレートブランド「デジレー」


≪画像元:大丸・松坂屋


「デジレー」は、2016年に日本に来て以来、うなぎ上りに人気上昇しています。

人気の秘訣は、一定額以上の商品を購入するともらえる「おまけ」にあるようです。

一定額といっても、1,000円程度であるため、ほとんどの人は「おまけ」をもらうことができます。

「おまけ」の小箱には、トリュフチョコレートとミニ板チョコが一つずつ入っています。

数に限りがあるため「おまけ」が欲しい人は早めに購入しましょう。

1つ買っておまけをゲット「デジレー」で賢く節約


バレンタインは、本来ならば「あげる」ことが目的ですが、チョコレートの催事場に足を踏み入れると、どうしても「自分用」にお金を使ってしまうものです。

「おまけ」を自分用にするのか、「メイン」を自分用にするかは迷いますが、1つ購入で2つを手に入れられる「デジレー」は、メリットが大きいブランドではないでしょうか。


売れ残りセールは狙えるか



以前は、バレンタインが終わればハートマークの包装紙がワゴンに山積みになって半額セールになっていたものです。

「チョコレートメーカーの売上の20%はバレンタインが占めている」とも言われ、一昔前までは「バレンタインのための商品開発」が盛んでした。

バレンタインの時期になれば、チョコレートを売る店は「販売予測よりも多めに仕入れる」ことが常識でした。

そして売れ残った商品は返品の手間と経費をかけないために、そのまま値下げして販売されていたのです。

チョコレートメーカーの「無駄が出ない策」


最近は、バレンタインが終わっても「バレンタイン売れ残りセール」をやる店はほとんどありません。

チョコレートメーカーの販売戦略が変化したのです。昔はバレンタインといえば「ハート」が定番でした。

しかし最近は、バレンタインの果たす役割も時代と共に変わり、「恋人に贈る」というよりも「感謝」や「あいさつ」の意味合いが強くなってきているのではないでしょうか。

そのため、チョコレートのデザインも「ハート」ではなく、いつも食べているチョコレートの延長線上にあるような「一般的」なデザインが増えているのです。

「一般的」なデザインは、バレンタインだけでなくホワイトデーにも使えるし、例え売れ残っても継続して定価で販売することもできます。

「バレンタイン売れ残りセール」を期待するなら奇抜なデザインを狙え




メーカーにとってはメリットがあっても、消費者側からみれば「売れ残りセール」がないことは寂しく感じられます

昔ほど最大的な値下げはありませんが、スーパーでは一部商品が値下げされることもあります。

値下げされる商品は、やはり「ハート」などのバレンタイン期間しか需要が見込めない商品でしょう。

百貨店や高級チョコレートブランドの商品は「売れ残りセール」は期待できません

スーパーでバレンタインのチョコレートを買うならば、定番商品は定価で購入し、
バレンタイン用の奇抜なデザインの商品は「売れ残りセール」を待つ
という方法がおすすめです。(執筆者:式部 順子)

関連記事:無印良品ユーザーが「MUJIカード」持つと、どんなメリットがあるの?

この記事を書いた人

式部 順子 式部 順子»筆者の記事一覧 (66)

武蔵野美術大学卒。クリエイティブな発想で芸術エッセイや子育てアイデア、経験に基づいた就職転職記事まで幅広く執筆中の個性派フリーライター。身近にあるものを活用した節約術と時代の流れを読みながらの大胆な節約術を組み合わせながら日々節約を楽しんでいる。節約のモットーは「使うべきお金は使う!無駄な節約はしない!」ストレスフリーな節約術をメインに紹介。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ